Loading

BLOG

一人で考え込まないのも大事

個人で仕事をしている方は時々、自分以外の信頼ができる方に話を聞いてもらったほうがいいな、と思うことがよくあります。

と、申しますのもなんでも決めるのは自分、ではないですか。一度、思考ループの罠にはまると抜けだすのに時間がかかります。どうでもいいことや、そこじゃない!ということに時間をかけていたり、こだわったり…。はたまた、全く心外な条件で仕事をさせられていたり、まー色んな方がいらっしゃいますよ。

 

全く見当違いなところで悩んでいても、外側からの意見がないと自分を客観視できない場合もありますから。
こちらの方もそういうストッパーが働いてしまう方でした。

○どんな問題を解決するために受けましたか?
(受けた動機はなんですか?)

逃げ癖を断ち、前へ進むためです。

何かを始めようとすると、最初はスムーズに動きはじめても、途中から「逃げる」というか、何をしたらいいのかわからなくなり、結局止まってしまう傾向があります。そのため、自分は、考えるばかりで何も成せないのではないか?という焦りがあり、その滞りを解決するために受けました。

○受けてみて、それがどう変わりましたか?

何をするかが明確になり、サービスも自分も最適化されました。

そして、そもそも、逃げるタイプではなく、決めていないから、動かなかっただけ。

また、先のことを考えすぎて、色々と良からぬ妄想が膨らんでいたと気がつきました。

やること・考える先のヒントもいただいたので、エネルギーをどこに向けるのか、目安ができスッキリしました。

人生というステージのドレスコードは、今この瞬間を楽しむことだと、改めて思いました。

○今の自分だったら
どんなことをしていきたいとお考えですか?

まずは、「今」に目を向ける。自分自身にも素敵なところがたくさんあることを信じて、認めます。

その上で、「あなただから、できることがある」というメッセージを多くの人に伝えていきます。

具体的には、様々な方の強みを発掘して、ご自身の能力を知っていただいたり、創造的無意識を活性化するENMAカードの講座を開講し、内面と対話できる人を増やしたいと考えています。

○そのために、何からやってみますか?
具体的な行動をお書きください

提供サービス、ブログデザインの変更。新しい名刺の作成。

過去や未来を想像して、悩んだり、責めたりせず、今この瞬間を生きます。

目の前にある、できることを具体化し、1つずつ取り組みます。
(吉岡 桂子さま,大阪府、強み発掘家)
http://ameblo.jp/kei-koharu/

桂子さんは2年前のテイクオフ・プログラムという3ヶ月でオリジナルコンテンツを作って、ある程度の売上を作るまでする…というプログラムやSUTEMATSUカレッジでその人となりをよく存じ上げておりました。

非常に頑張り屋さんで決めたことは必ず、形にしてくる方です。

ですが、妙なところで足踏みをする癖があり(笑)今回もそんなことで悩まれていらしたようでした。

人にはどこを見ると進みやすいかという視点、というかビジョン?というか、距離感とでもいいましょうか…そういうものがあるのですよ。
これは目の幅だけでは測れないものなのですが…そこを間違うと途端に不安になったり…。

 

桂子さんの癖をお伝えしたのですが、そこを意識していけば大丈夫ですよ。SUTEMATSUに通われて、自己表現もとっても変わられました。以前からよく申し上げていたのは「ぶりっ子するんじゃありません」ということ(笑)

可愛く、弱々しく、力のないように見せるんじゃありません!と叱っていました。本来お持ちのものはもっともっと力強く、はっきりとしたものなので、正反対の自己表現をされていらっしゃいましたから。

 

しかし、最近はキリッとした格好よさと大人な雰囲気を身につけられ、中身と外側が一致してきて気持ち悪さが抜けましたね(失礼!)

 

そういうあなたが言うからこそ、人は自分の良いところ、強みが本当にそうなのかも…と思えるのですから。
自信もって進んでいってくださいませ。

 

まあ、またグルグルしたらいつでも待ってますので…(笑)

>>メタビジョン・ビジネスリーディング詳細はこちら
(8月末まで特別価格)

会社の選べない人間関係をどうする?

メタビジョン・ビジネスリーディング感想一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP