Loading

BLOG

夢を見たからには…

先日、ある夢を見てしまったのです。
それはどうやらグループコンサルをやっている様子。

な、なるほど…こうやってやればいいのか…

夢からのメッセージを信じるには…

その夢の中でやっていたことが、コアポイントを具体的に使ったワークショップだったのですが、ああ、それをやったらいいのね…とわかりやすいヒントをもらった感じです。
そうなのです。このグループコンサル、案内を書いてみたものの、自分のコアポイントにいまひとつ、しっくり当たった感じがなかったのですよ。

まあ、無理やり出さずとも、そのうちどうにかなるだろう…と思いつつ…。
何が出てくるのかなぁ…とぼんやりと考えています。いや、もとい。考えていない、ですね。ただ、ぼんやり宇宙に投げかけている感じです。

すると今回のように夢の形を取っていたり、誰かからの言葉を借りて、とか見ていたドラマやアニメにヒントがあったり…。
ああ、これか!と思う瞬間があるのです。

その「これか!」という感覚がどういうものなのか…というのをお伝えするのが「コアポイント体感ワークショップ」です。

直感といっても、それ、自分がただ思いついたことなのか、本当に心の声なのかわからないでしょ?絶対の自信を持って選べますか?

自分の声を聞きなさい
心のいうことを信じなさい
直感を信じる」などなどと言われますが

はっきりと、これがそうなんだ、ってわかりますか?

なんとなく、な方が多いと思うのです。
このなんとなくを確信に変えていくために、やっていくのがこのコアポイントという身体感覚を知ること、そして、覚えること。

コアポイント体感ワークショップではこれを意識したらいいんだ、ということや日々どうやって磨いていけばいいかをお伝えしていきます。

img_5704.jpg

今日のコアポイント体感ワークショップの受講者様方。自分で決めていくことに自信を持って行きたいと参加くださいました。

こんな感想を頂いております。

自分の固定概念の枠が強かったことに気づけた。明らかに(コアポイントが)”ここ”と体感できたこと。そこが違うと自分が感じれたことが受ける前と変化したこと」(しまちゃん、営業職)

(これを受けなかったら)人の意見に左右されたり、迷い続けていたと思います
(上村京子さま、心理カウンセラー)

どこに意識を向けたらよいのかを認識できた。また自分がいつ使っていたのかがわかった」(S.Tさま、会社員)

物事を無理に進めずに、緩く流れに乗れば良いと思えたことが変化。受けてなかったら、今のこの状態をそのまま受け入れずに何かを行わなければと探していた」(ナカさん、会社員)

ありがとうございました。
これを知れて良かった〜と言っていただけて嬉しいです。
是非、日々磨いていってくださいね。

このコアポイントがありますと、わたくしの今回のように夢で見たことが「あ、メッセージだ!」と気づきやすくなるのですよ。

…ということで、ちょっとコアポイントグループコンサルは企画変更です。
ちょっと考えてみようー。これ、面白いと思うし…

必要な方が多いと思うのですよね。うん…

お楽しみに…

0050_xlarge(あれこれとムフフなことを画策する図)

 

ステージを変えたい人に

今のステージと行動が合ってない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP