Loading

BLOG

売れて結果が出るコンテンツを創る

講座をやっている講師の皆さんにご質問です。

 

あなたの講座、
あなたの能力をどれくらい使えてますか?
活性度10がMAXならいくつぐらい?

 

あなたの講座、
詰め込み感どれくらいですか?
詰め込み度10がMAXならいくつぐらい?

 

あなたの講座、
本当に参加者の方々が使えてますか?
活用度10がMAXならいくつぐらい?

自己満足になってないか?

今まで色んな方のコンサルしてきて、
自分でも300種類以上のワークやコンテンツを
作ってきて…

また講座に参加してきて…
思うことがあります。

 

それは…思っている以上に

盛りすぎだってこと

皆さん、とてもいい方だから

「これを持って帰って欲しい」

「これを伝えたい」

「これもないと…」

 

と思っていたりで
とにかく、時間内に詰め込む、詰め込む…

物凄い量になっているのですよね…

 

なんだかコース料理で全部メインみたいな…

食べきれなくて
ほとんど苦行のようになっている…

 

はたまた…

「こんな言い方ではわからない」

「根拠がないと怪しまれる」

「もっとちゃんと伝えないと」

と論理的にするために
説明がもの凄く多い、とか
資料を山のように渡すとか…
(必要なくて山のように作った資料の半分も使わないとか…)

もちろん、それがいい場合もあるのですが…

あなたの本質を活かすためには
そこはいらないと思います…というケースが
とにかく多いのです。

結局のところ、
それを伝えた相手が「使えてなんぼ
ではないのでしょうか?

 

これはわたくしの考え方かもしれません。
結局、伝えた相手がそれを使えなかったら
伝える意味がないと思っています。
(相手が使わない、使えないレベルなのは別)

そう考えると、なんだか
かけなくていいところに労力をかけて
かけるべきところにエネルギーを
使ってないケースが多いように思います。

それはとってももったいない!

削ぐ方が大事…

あれもこれもと考える前に
本当に大事なことはどこなのか、
何が必要で、どれは要らないのか
見て欲しいですね。

ですが、この不要かどうか、というのは
自分では判断ができない場合が多いです。

片付けと同じで、
人のうちのものは不要、これ絶対に
使わないだろう?というものって
わかりますでしょ?

なのに、自分のうちのこととなると
なんとなく「いつか使うかも…」と思って
捨てられませんでしょ?

 

これ本当に使うの?と散々聞かれて
うーん、どうしよう、と捨てたのに
ゴミ置場から拾って帰ってくるとかね…
その反対にだんだん、面倒くさくなって
えーい、捨てちゃえ!と捨てたものが
とっても大事なものだったりしませんか?

 

この本当に必要なものと、
それ以外のどうでもいいものをちゃんと
見極める目が必要になってくるのです。

 

必要なものだけにすると…

一昨年、コンサルをした方は
それまでお作りになった資料のほとんどは
「必要ありませんね」と申し上げました。

その方の持ち味は怪しい、言って見れば
魔術のようなものを得意とされている。
なのに、理解してもらおうと説明をちゃんと
できるように完璧な資料を作ることに
労力をかけてらした。

 

そんなことを説明せずに、
したいことをもっとしていったらいい…と
お伝えし、最初は本当に恐る恐る…
削ぐのは本当に怖かった、ということでしたが

それまでのやり方をやめて、
必要なし、というところを削いでみたら
自分もとっても楽になって
その前の年の売上を半年で達成した、と
いうのでありますよ。

 

実際、素晴らしいものを伝えているのに
量が多すぎることで
参加者の方の理解がついていかず
満足度が下がっているケースも沢山あります。

ということで…
今年のコンサルは絞り込んで

コンテンツ・コンサルさせて頂きます。


コンサル料:60分 30,000円+税

>>詳細はこちらから

※コンテンツ以外のご相談も受けますので
備考にお書きくださいませ。

※一からオリジナルコンテンツを創るサービスは
オリジナル・コンテンツ・プランニングです。
こちらは年間限られた人数しか受けてません。
まずはお問合せください。

え、これでいいの?
という衝撃とともに、楽になって
もっと楽しくできるようになり、
そこにかけていたエネルギーを他に回すことが
できるようになるので

 

疲れない、
楽しい、
人がくる、
売上上がる、
参加者も楽しい、
それを支える人が増える、
楽しいと口コミされる、
また人がくる…

という素晴らしい循環が起こります。
注)まったく内容のないコンテンツを
売れるようにするサービスではございません。
その場合ははっきりと「ダメ」と申し上げます。

 

幸せの定義

朝の朝礼に活用してます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP