Loading

BLOG

転職にこんな方法があったのか

先日、上林先生とひつきさん、千春さんと鳴門に一泊旅行というか、合宿に行ってきましたのです。
ええ、あれは本当に強化合宿でございました(苦笑)


いつものツアーのようにあちこちに行くことは無かったのです。1日目も徳島のある神社ひとつ。
翌日は大塚国際美術館に行っただけ。なのに有り得ないくらいにクタクタで、本当に疲れて眠くて仕方がありませんでした。
次元を超えた旅でもしたような感じです。

時差ぼけの酷いのになってる感覚でしたから。
そんな中で夜に上林先生のセッションなどについて語っていたのです。

上林先生のセッション

上林先生のセッションについて、ひつきさんが語ってくださってます。わかりやすい(笑)

先生の情報は本当に精度が高いです。そして、少々難解な言い回しなどをされているのですが、ここをわかりやすく噛み砕いたりされないので、ご自身の色がほとんどつかないのだと思います。

だから、たまに言ってる意味がわからない、とその言葉の価値を見れない方々がいらっしゃいますが、何年も経ってわかることもあるでしょうね。
その方の準備状態によって理解度も変わると思います。
ちんぷんかんぷん、という方ははやすぎたのかもしれません。何年か経った時、録音されたものをお聞きになったら、言われていたことがわかると思います。だから、無駄ではないのです。
でも、上林先生のセッションの情報量はものすごく多く、90分のセッションでも、その録音を文字起こしすると物凄いものがあります。多分、セッションの間だけでそれを理解するのは難しいでしょうね。
そこで先生にはセッションを選べるようにしてくださいとお願いしております。

例えば、この動画でひつきさんがおっしゃっているように先生が魚屋さんだったとして、ある程度の料理人はさばかれた魚は欲しくないわけです。

そのままの魚(情報)が欲しいわけですね。しかし、普通の多くの方はそのままでは困るわけです。
3枚におろしてもらったり、切り身になってたり、はたまた、美味しい料理となって出てきた方が嬉しいのですよね。

この、魚のままがいいか、料理したものがいいかを聞いてもらって、セッションしていくことになると思います。
そして、こんな話がその時に出てました。

ちょうど千春さんのお嬢様が転職活動中でね、受かるかどうかとかもわかるのですか?という質問されていたのです。

転職の場合

受かるように操作するというより、その会社を担当してるスピリットがそれぞれ、いるそうでそのスピリットにどんな人を望んでるのか聞いたり、また、この人がこの会社に入った時にどんな働き方をすることができるのかを教えてもらったりするそうです。

 
また、その人を面接する人のスピリットや決定権のある人のスピリットにどういう傾向の人を取りたいのかを聞いて対策を練ることもあるのです。

が、そもそもそこは合わない、ということがわかっていたら落ちても、それ程ショックでもなく次にいくことができますね。違う、もっと自分に合う会社を選択する、ということもできますね。

 
そうした情報を聞いてなお、頑張ってここに入るよう努力する!という場合はその土地の土地神様と繋がり、さらにそれまでにやった方がいいことなどを聞いてくれます。

これ、転職や就職活動している方には喉から手が出るような情報ですよね。凄いな〜。そんなやり方があるんだ、面白い〜と言っておりました。なるほどですね。わたくしたちも勉強になりました。

転職、就職に関わらず、大きな仕事が控えている方は、例えばお客様の会社のスピリットチームの意向を確認してみるとか、例えばプロジェクトがうまくいかない場合は、プロジェクトチーム全員のスピリットチームから何が問題でどうしたらいいかをアドバイスもらったりもできるわけです。

しかしながら、動画でも話してるようにスピリットたちは本当のことを言いますから、自分が聞きたくないことを言われることもあるでしょうね。それを受け止められる人でないと勿体無い、ということになりますよね。

時々、スピリットたちが言うのだそうです。
「あなたはこの人(上林先生)のところにこない方がいいよ。なぜならあなたは今の現状のままでいたいと思っているだろう?ここに来たら私たちは、もっと良くなるよう、本当のことを言わなくてはならないから、あなたにとってはそれは聞きたくないことだろうから。」

つまり、人のアドバイスを聞くのはなくて、今の自分でいいという情報だけがほしい、癒してもらいたい、というような方には正直向きません。もったいないですというお話。

 

それでもより良くしていきたい、成長していきたい、と考えている人たちには本当に精度の高い情報を伝えて頂け、加速することは間違いないです。

上林先生のセッション
>>詳細はこちら

様々な働き方

置き忘れることがない大事なもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP