Loading

BLOG

4月5月のテーマby上林

今日、上林先生とわたくしとで東京〜大阪を
つなげて、こんな公開セッションを
してみました…


 

4月5月のテーマ

この記事が目に止まった方々は
偶然これを読んだわけではないです。

あなたもこういうテーマがあるよ、ということで
今日はこの記事に目を通して頂いているようです。

 

この記事に目を通してくださった方々の
共通のテーマということで上林先生を通じて
スピリットに聞いてみました。

林ゆう子(以下Y)「これを聞いてくださっている方々にはきっと共通のテーマがあると思うのですが、どうでしょうね?」

上林先生(以下K)「そうですね、それでは聞いてみましょう」

すでにゆう子さんのブログをご覧になっている方々は何かしらの共通のものを持っています。それがあるので、上のスピリットたちが「これを見たらいいよー」という具合に見せていたりするんですね。

Y なんていうのか、この時期だからやらないとならないものとか、クリアーしないとならない問題とかもあるんじゃないかと。
わたくしも先日漢方のお医者様に行った時に、この時期では取り組めないものがある、ということを話されていました。
だから、この時期だからできることもあると思います。

K これまでいらした方とこれからいらっしゃる方、両方へのメッセージとなります、と言ってます。

(メッセージは概略です)
自分たちが知らないうちにお庭の花が咲いていることがありますよね。そして、知らないうちにそれがよく見る間もなく、散ってしまうことがありますね。
どの人間にも人間の意識が気づかないうちに与えられている恵みや祝福がそこにはあるのですが、あなたが自分の我にとらわれているうちに見過ごしたこともあるのです。
ちゃんと宇宙は与えているのに、あなたは気づかず幸せではないと思っていることがありますよね。

Y あるあるあります。わたくしも今日ちょうど自分の時間の使い方が忙しすぎて、何か大切なものを見落としているのではないかという気持ちになっていました。

K どの人間にも一番煩わされたくない部分ありまして、そがあるがゆえに、一番見たい、聴きたい、触れたいものに触れることができないと自分に思い込ませる場合があります。

しかし、違う、今は気をとらわれている部分に焦点を合わせるのではなく、こうなりたい、花咲かせたいというものに焦点を合わせるべきだ、何故ならば『春』だから、だそうです。

Y ええ?なんですって?
(中略)これは中に閉じこもっているより、外にでなさいという物理的なこともありますが、新しいことをしなさい、という比喩もありますよね?

K そうですね。
今までと違うことをする、違う人と会う、違う場所に出かける。
そして、こんなところにこんな花が咲いていたのだ!「ほーー」と感嘆してみること。
これが、今の時期、流れに乗り、うまく発展・進展をさせていくために必要なこと。

Y なるほどー、そういう風にするとそんな風になっていくのですね。
(どんな風?それは音声聞いてください)

と、随分端折りましたが…

春だから、冬の間に巣ごもりしていたのをやめて、外に出て行くときですよーというお話が出ていました。

音声の中で語られていますが、仕事は仕事、プライベートはブライベートと分けることじゃあないのです。だって、全部繋がっているもん。だから、それを「え?そんなことでうまくいくのですか?」ということが起こるようです。

音声全編はこちら(10分くらいです)
170420_0301←クリック

「そんなこと」は人によって違うますので、詳しくはセッションでどうぞ。この音声は大阪と東京をつなげてやっています。
対面でなくても、このようにお聞きになりたいことをご自宅で聞くこともできます。

…ということで、4月5月のテーマは
『新しいことに目を向けて「ほーー」と言ってみる』

でした。

何か煮詰まっている方、
進展が止まっている方、
どうしていいかわからない方、
どこに向かっていいかわからない方、

もうすでにやり方が変わっているのに
気づかずに前のやり方に固執している方などなど

新しい息吹を入れたい方、
この4月5月はオススメのようです。

そんなことで、
セッションを受けてみたいなーという方、
お待ちしています。

上林先生のセッション詳細はこちら
http://yuko-hayashi.com/3session/0918se1/

 

遠隔ガイア・オペレーション@沖縄

海が見える場所に住む

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP