Loading

BLOG

直感を鍛える

わたくしは子供の頃から
一人で遊んでいるような子供で…
運動神経が恐ろしくないというのも
理由の一つでしたが…

なんでしょう。
神社やお寺の裏山でひとりでひっそり
本持って行ったり、ぼーっと空想したり
していました。

子供の頃から見えない世界を信じ
木や他の生き物と話がしたいと思っていたのです…

でも、見えも聞こえもしてない…と
思っておりました。

直感ってなんだろう??

見えるって、こうもっとハッキリクッキリ
何かが見えるのだと思っていました。
(もちろんそういう人もいらっしゃるでしょ)

聞こえるって本当にハッキリ聞こえるのだと
思っていました。

 

しかし、そうはならないので
せめて…と直感を鍛えたいと思ったのです。

直感を鍛える系の本は片っ端から読みました。

そこに書いてあることは
大概やってみましたよ。

 

でも、これでいいのかしら…と思いながら…
(確証がないんですもん)

しかし、振り返ってみれば
わたくしはいつも直感を使って
生きていました。
それが直感だとわからなかったのですが…

いや、ただの直感というものとは
ちょっと違う感じがしています。
自分の中心感覚というのでしょうか。
わたくしは今、これをコアポイントと
呼んでいるのですが…

 

でもね、それに気がついてみて思うのは
人はみな、この感覚を使っている、ということ。

 

でも、それが証明できないでしょ。
だから、違うんじゃないか…と思って
なかなか口にだせないでいる。

 

一体、いつからこんなことになったのかしら。

 

多分、こんな世界になる前はもっと気軽に
感じていたと思うのです。

だって、綺麗な花を見て「わー綺麗!」って
言った時に花が震えて喜んだみたい、って
思ったことってないですか?

 

なんて気持ち良いところかしら、と
思った瞬間に風がごーっと吹いてきて
まるで遊ばれたような感覚を
受けたことはないですか。

フラれてえんえん泣いていたとき
「ニャ!」と叫んだ猫の声が
「お前、バカかっ!」と言われた気が
したりしませんでしたか。

 

そんな風にただの思い過ごしかもしれないし
勝手な思い込みかもしれないこと、
沢山感じてませんでしたか。

 

わたくしはそういうことをずっと想い、
空想の中に生きている子供だったのです。
そう、空想だと思っていたのです。

今だからこそ必要な感覚

わたくしたちはそうやって色んなものと
会話してきてたのだと思います。

 

自然と繋がって、そこにある
様々なことを感じ取って
塩梅だとか何ミリとか何センチとか
そんなものでは計れない何かを
感覚として受け取ってたのです。

 

今だから、この感覚って
とっても大事だと思うのですよ。

沢山の情報の中から自ら
ぴったりのものを選んだり、
これだっていう道を行ったり、
違う!と思うものを手放したり…
そうしたことをスピーディーに
やらないとならない状況ですもの。

 

反対にググれば、正解が出てくるものだから
自分で考えたり、感じたり、
本当はどうなんだろう?って思ったり
することが減ってしまったんですよね。

 

本当は心の、ううん、身体のどこかで
違うな、と感じているのだけれども
それを証明できないし、みんなは
こういうからって自分の感覚に蓋を
してきたんだと思います。

 

そうやって、自分の感覚を置き去りにして
きちゃったのですよね。

 

コアポイントを磨いた下地

気がついたら、わたくしはコアポイントという
感覚を使って仕事も何もかも
していたんだ、ということが最近になって
はっきりしてきたのです。

 

まあ、皆さんがいうところの直感ですよね。

わたくしの場合、何故この感覚が発達したのか、
と思いますと、多分人がどう思おうが
自分がこうだと思ったら曲げない、という
そういう気質が子供の頃からあったから、
だと思います。

 

だから、人が思うことと自分が思うこと、
違うのがあたり前でそれでいい、と
思っていたんですよね。

 

だから、人が嫌いと言っていても
自分は好き、その反対もある。
ここは気持ちいい、嫌な感じ、
あの人好き、あんまり好きじゃない。

嘘くさい、
本当は優しい、
言ってることが違う、
根は真面目…

 

そんなことを人の評価とか構わず
自分なりに思っていたのです。
無口だったので、それをあーだこーだと
人に言うこともなかったのですが…

 

だから、自分の感じている違和感には
とっても敏感だったのです。

 

それが全てのシーンで役立ってました…

コアポイント(直感)を鍛えると…

まず、料理が適当でうまくなります(笑)

わたくし、実はほとんど味見をしないのです。
調子悪いときはたまにあらら…という味の
ときもありますが、大体美味しい。

全く始めてのものでも、大体の味がわかります。

 

美味しいお店に当たる確率が高くなります。
これはかなりの確率で当たりです。
皆さん、それだけは安心してくれてますね。

 

嘘臭さが際立ちます。

FBとかの投稿を見ているとウンザリすることも
あったりします。言ってることとやってることが
違いすぎて…(苦笑)

 

決断が早くなります。
瞬間的に身体が選んでいるのがわかります。
そこで悩むのは頭が考えているときです。
そして、大抵失敗します。

要らないものがわかります。
必要がないものには反応しなくなります。
何か手を出した時は頭で考えた時です。

 

自分の好きなもの、嫌いなものが
はっきりしてきます。

自分にも嘘がつけなくなるので、
騙し騙しとかできなくなります。

 

最短ルートがわかります。
何故かわからないけれど、こっち…
という感覚が強くなります。

 

何をしても結局うまくいく、という
失敗とかは本当にないのだ…という
感覚になってくるので
なんとかなるさー、と思えます。

 

色々なタイミングとかがわかります。
今がいい、とか
引き際だとか、問いかけとか
いまだ!という感覚がでてきます。

 

…とまあ、色んなことが
わかるように感覚が出てきます。

 

そんなコアポイントを体験する
『コアポイント体感ワークショップ』
4/16(日)10:00-13:00 @大阪ハナホー

5/15(月)14:00-17:00@東京ハナホー

受講料:30,000円+税
再受講:15,000円+税

>>お申込みはこちら

良い面もちょっと困った面もあるのです。
そのあたりの付き合い方もお伝えいていきますね。

6月から直感(コアポイント)トレーニングを
月1回×半年かけての連続講座でやる予定。

遠足したり、自然の中で過ごしたり、
瞑想したり、ライアー聞いたり、
お料理したり、遊んだりしながら
日常で直感(コアポイント)を鍛え
実際に使えるようにしていきます。

 

 

 

 

コアポイント体感ワークショップ

使う言葉を変えなさい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP