Loading

ドリームチーム2020のご案内

遊びながら、今必要な情報を得ていき、望む現実を作り出す。

ここ数年の自らを使った実験でそのほうが本当にスムーズに色々なものが実現していくことを体感しておりました。
そして、そのために大切なこと。

それは「こうしたい」というゴールをきちんと思い描くことでした。

しかし
人は何故か自分の「本当の望み」「やりたいこと」がわからない人が多いのです。何故か?周りに刷り込まれたこれがいい、こうしたらOK、というものが望みだと思って、自分の望みではない方や本当の望みを言ってもかなわないでしょ…と諦めている方も多いのです。

どんな現実創造も望み、がなければ始まりません。

あなたが本当に心から望んでいることは何か。
それを遊びの中で見つけていきます。遊ぶ中では損得やいい悪いでは判断しない。したいか、したくないか…楽しいか楽しくないか。多少失敗しても、うまくいかなくても「じゃあどうする?」を見つけて想定以上の楽しさに繋げていく感覚をその中で自然と養っていきます。

このドリームチームが始まる頃には遊びが苦手だった、遠いものだったと言っている方々が心からやりたいことをやっていく楽しさを知り、その中で自分の得意分野を知ってチームワークの大切さに気づいていきました。

自分ができないところは誰かが補ってくれる、ちゃんとしなくては…ではなくて自分の得意が誰かの役に立っていく喜び。それを遊びの企画をしながら、受け取っていく時間でした。

初めは何が行われるのか…と思って心配していた方、受け身で教えてくれるのでしょ、と思われていた方、最初からうまくいっていたわけではありません。今までやったこともないことを始めて、とんでも無いところへ参加してしまったと止めようと思われた方もいらっしゃいました。

それでも、今までと同じやり方をしていたのでは「私はずっと環状線をグルグル回るだけだった」と話されていた方がいらっしゃいます。そう、今までと同じ選択をしていたら、いつまで経っても同じような人生を送るだけ。

そんなのは嫌だ、もっと自分の人生を生ききりたい!

そんなふうにはっきりと意識されていたかはわかりませんが、そう潜在意識の中で思われていた方々が参加してくださったのだと思います。

生ききることは、咲ききること

いま、この時点でどれくらいの自分の花を咲かせてますか?

残りの人生の中で今の状態で終わってしまっていいのでしょうか。
もっともっと、自分の望みを知って、それを叶えていくと決めて行動してみませんか?

その行動を一緒にできる仲間を作りませんか?

大人になって色んなことを本当に話し、手放しで一緒にいられる仲間を作ること、ありましたか?

 

ここではそれができるのです。

遊びながら、自らの望みをクリアにしていき、それに向かう自分のベースを作りませんか?

そんなプロジェクト、それがドリームチームプロジェクトです。

ドリームチームの感想

思っている以上にこのワークショップ、好評でして皆様の心の奥へと届いているように感じております。頂きました感想を掲載させて頂いております。

私にとってドリームチームに参加することは、とっても勇気がいる事でした。
人とのコミュニケーションが苦手ですし、
独占欲強い主人、果たして毎月講座に参加出来るかしら?

講座についていけるだろうか?などなど

ゆう子さんが、お声をかけてくださり、嬉しさと、参加したい気持ちとは裏腹に、いらぬ心配と自分がそういう事にお金を使って良いのかという罪悪感と何か分からぬ怖さとの葛藤でした。
申し込みギリギリまで、悩みました。

しかし、ここで飛び込まなくては、いつまでも続く道は環状線、、
私にとっては、勇気を持って申し込みしたのです。
ところが、講座初回に、それぞれが自分のやりたい事を書くことから始まり、
高千穂に行きたい、出雲に行きたいから、
もうその日に、それぞれの旅行の日程を決めていくという、目が点になる早さ‼️
私は、大変な所に参加してしまったと後悔しました。

元々私は、若い頃から、父が厳しいこともあり、あまり友人とも旅行はしていません。
結婚してからも、家族と行くか、主人と行くくらいでした。
それが年に2回も、お仲間と旅行なんて、あり得ないことだったのです。

でもここでひるんだら、夢なんて叶えられるわけがない‼️‼️と私の中の私が出てきて、
反対してブチ切れる主人に、それ以上に私がブチギレ、
スムーズに、出雲にも高千穂にも行けました😄

家族以外のお仲間との旅行は、それはそれは楽しく、
仲間とともに見た朝日の言葉にできない美しさ、
夕日の美しさ、
食べ物の美味しさ、
都度感じられた神様の導き
これらを仲間とともに共有できている嬉しさは、母であり、妻である立場では、感じられなかったものでした。
仲間との年齢に幅があるのも良かったと思います。

ドリームチームのおかげで、私は、今まで敷いてきたレールから飛び出せました。
飛び出した世界は、私にとっては、未知の世界の大冒険のように楽しい💓
また、ご一緒の仲間から学ぶこと非常に多く、出会えたことに感謝でございます。

みんなと楽しんでいましたら、仕事もとても順調ですし、よく文句を言っていた主人も、
どんどん仕事が入ってくるので、何も文句を言わなくなり、今は、優しい笑顔の主人なのです😮家庭は、ほんと穏やかで幸せです。
ドリームチームに参加する前とは、見えている世界が違います。

ドリームチームに、勇気をもって参加して本当によかったと思います。
ゆう子さん、ドリームチームのみなさま、ありがとう!

(田中玲子さま、50代、自営業)

 

ドリームチームが2月にキックオフされ

『遊びの中で必要なものを受け取る…』

遊びの中でどうやって自分に必要なものを見つけるんだろう…

本当にクソ真面目に生きて来た私は遊びそのものがわからなかったのです(笑)

半信半疑ながらも勉強するのは嫌だけど、遊びながらだったらとにかく楽しもう!

それだけで始まった私でした。

 

ゆう子さんからこんな質問を受けました。

『今、一番やりたいことは何?』

 

ここから私たちのやりたい事、行きたい所、知りたい事の企画が始まりました。

 

今までと全く違うパターンです。

日程を調整した中から2チームに分かれて全ての企画を任せて下さいました。

 

そして7月の出雲の旅と9月の高千穂の旅が決まりました。

 

その間、毎月ワークデイ―として竹生島や宇治、米原のゆう子さんのご主人のご実家にも何度もお招きいただき、お母様の絶品唐揚げを何度おいしく頂いたことでしょう!

 

米原の講座では子供に還る遊びとして大人バージョンの『ごっこ遊び』をしたり、体感覚を味わい、そのまま氏神さまにお参りし、山から口々大声で叫んだことに神様からのお返しが琵琶湖から金波で押し寄せてくる光景を目の当たりにした午後

見ているみんなの顔もキラキラと輝いていました。

 

月によれば他の講座とも重なり、毎週毎週メンバーが顔を合わせるのが当たり前のようになり、気がつくと合わないと寂しくなる仲間を通り越し、私からしたら親子、姉妹のようなファミリーとなっていました。

 

そんな私たちは2度の旅を通して貴重な経験をし本当に適材適所でそれぞれが動き、それぞれのもち味をみんなが発見し発揮出来たことも大きな自信となったことでもありました。

 

そして誰もが互いを認めて、必要とされていることでまた自分自身認められたと思います。

 

2つの旅はいつも不思議な導かれの旅でもありました。

天候に恵まれ、自然界の美しさ、優しさを存分に受け取り、その土地土地の神々から祝福を受け、最高に美味しいものを頂きこれほどのしあわせはないということを全身全霊で受け取って来た旅でもありました。

それぞれの受け取り方があったでしょう…

私はいつもただその場にいることで生きているしあわせと、見せて頂ける後景に涙があふれ出て手をあわせることしかできなかったです。

 

遊びの中でどれだけの豊かさを感じたことでしょう…

自分の中にこんなにもたくさん溢れかえる豊かさに気づけたことは最大の強みであり、出逢えたからこそ受け取れたものだと自負しています。

 

遊ぶことがどんなことかわからないといった私です。

遊ぶことってキャッキャすることもそうかもしれません。

でも本当に自分がどんなことがあってもやりたいこと!

それを思いっきり楽しむ 心が本当に満たされる楽しさが遊びだとわかりました。

 

そしてその一つを叶えました。

空を飛びたかった!同じ思いの3人の仲間と共にそれを成し遂げました。

プロペラ付きインストラクター付きではありましたがパラグライダーを経験することが出来ました。

 

このドリームチームって毎回そうですがそれぞれにドラマがあります。

今回のパラグライダーもそうでした。

個々にドラマがありました。

でも人のやってることではなく、相手を通して自分の中を見せられたり、たくさんの気づきをもらいました。

 

私が学んだことは遊びの中にお金で買えない心の豊かさを頂きました。

夢を叶えることもしかり、みんな必要とされて生きていること

改めて自分を認める許可を出せたのも一緒に学んだ仲間がいてくれたお蔭です。

年齢も住むところもそれぞれの環境もバラバラだけど・・・

家族の次に大事な大好きなファミリーが出来たこと宝物となりました。

 

そんな中で何より最年長の私がみんなと同じように楽しめたこと

いくつになってもチャレンジできるお手本になれてたらうれしいかなぁ~

この経験と素敵なファミリーを宝物に

 

『残りの人生もまだまだ捨てたもんじゃないかもねー』

がいっぱい刻まれた人生にこれからもチャレンジしていきたいと思います。

ゆう子さん、ご一緒下さいました皆さま

ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願い致します。

古川 智子

 

ドリームチームが始まる前に終わる頃には、

豊かさを導き、いろんなものを手放し、
遊びをいろんなものに+αできればと思っておりましたが、
1年も経たず、想定していた状態に半年ぐらいで叶いました。
残りの半年では、
同じ物でもいろんな角度から捉えられるようになり、
以前からいろんな角度から見ていたつもりでしたが、
さらにより広い視野で、よりいろんな視点から
物事が見れたり考えられるようになりましたし、
変換できるようになりました。
そして、ネガティブになった時の立ち直りも早くなりまり、
また、それを愉しむこともできるようになりました。
いろんなところへ行ったり、見たり、聞いたり、触れたりし、
一人ではなく皆様とご一緒に体験できたからこそ、
得たものは大きかったです。
いらないものを手放し、そして、
必要なものを吸収し受け取り
私が私になれたように思います。
今、私がどう思い、どう感じ、何をしたいのかが明確になり
したいことも躊躇することなく、いつの間にか行動に
移せるようになりましたのも大きな変化です。
同じデザインのアクセサリーを創ったとしても
ドリームチーム前と今とは違い
何より高波動のアクセサリーが出来上がり
オーダーくださるクライアント様も違い
望む未来をお伺いしますと
以前よりはるかに高尚な内容です。
アクセサリーに封入しますと
すぐに叶えられる方も多く
叶う速度も違います。
自然といろんな方に出逢うようになり
人として巾と器も広がって
いるような気もいたします。
そして、一緒に遊び、笑い、感動し
一緒に五感をフルに使って楽しみあえる
仲間ができたことが一番の宝です。
ドリームチームに参加でき、本当に良かったです。
たくさんの方にこの体感を味わっていただきたいです。

ありがとうございました。

Avee主宰 Nao
https://naoonao.wixsite.com/naoonao

 

 

ゆう子さんのツアー『山口美旅』などに参加させて頂き、自分の中が大きく変化したように感じていました。
そんな時、ゆう子さんが《夢を叶えるドリームチーム》を募集していると知り「ぜひ、参加したい‼︎」という気持ちがわき、即効申し込みました。
「遊びの中で必要なものを
受け取っていく…」
と設定されたドリームチーム
【遊び】は私にとって、1番遠い場所にありました。
どうなっていくんだろう…
でも間違いなくワクワクがそこにありました。
机の上の学びだけでなく、多くの時間を自然の中に足を運んだり、それぞれの意見を出し合って旅を企画して、遊び、楽しみ、涙が出るほど笑い、自然の偉大さに感動する…
そんな素敵な時間を過ごしてきました。
ドリームチームのメンバーは年齢も住んでいるところも仕事も全く違います。
ご縁あって同じチームになり、一緒に経験体験した思いをチームの仲間全員で共有出来たことは私にとって何よりも宝であり、大人になってそんな仲間が出来るなんて思っていませんでした。
そんな仲間と過ごしたおかげさまで【遊び】は私の一部になったようです。
それを象徴する写真があります。
『出雲ツアー』でゆう子さんに撮って頂いた私がたい焼きを食べてる写真です。
「私、こんな風に笑ってるんだ!」と、子供みたいに笑っている自分の表情をみてとても嬉しくなりました。
もうすぐドリームチームが終わりますが、かけがえない仲間が出来たこと、【遊び】が私の一部となったことが大きな喜びです!
そしてこれからの日々の生活、仕事、遊びと向き合っていく上で大切なことを考えて頂きました。
ゆう子さん、ドリームチームの皆さん大好きです‼︎
本当にありがとうございます!
ヒーラー 岩垂里美
ブログURL

 

 

大人になってから本気で遊び、本気で笑える仲間ができるなんて思ってもいませんでした。
私にとってドリームチームは気付きをたくさんいただけた学びや、喜びや楽しみを共有できる大切な仲間となっています。
一人一人みんな個性があり、強みを自然と活かせるチームだったと思います。
企画力やリーダーシップ力を発揮されているメンバーがいる中、
正直、私はあまりお役に立てていないのではないか?と思ってしまった事もあったのですが、私の良いところに気付いてくれてくれるメンバーに助けられ自信につながった事もありました。
信じあえる仲間がいる事は、会っていない時でも心強い仲間となってくれています。
今思うとお恥ずかしいのですが、ドリームチームが発足された時は、ゆう子さんが一人一人の強みを引き出し夢を実現する方法を伝授してくれると思い、受け身のスタートだったのです。
夢を叶えるのは自分である事、夢を叶える事は難しい事ではない事、
遊びの中で、こんな事やってみたい、行ってみたい、いろんな事をチームで叶えていく中で、自分自身の夢も簡単に叶っていい!と自分に許可を出す事ができるようになりました。
自分で自分を制限していた事にも気づきがありました。
仕事もプライベートも思いっきり楽しみ、自分を活かしていく事ができるヒントをたくさんいただき、年を取るのもいいじゃない!って思えるようになっています。
これからもますます楽しみです!
私の人生は創造できる!ステキな日々にできると確信しています。
ドリームチームの皆さまとは一生のお付き合いさせてこらおうと思っております。
これからも宜しくお願い致します!!
山下 ゆき(セラピスト)
一年間、あっという間でしたが、
本当にありがとうございました!!
思い返すと、米原のご実家にも、
何度も伺いましたし、絶品の唐揚げをはじめ、
ゆう子さんのお料理もご馳走になりました。
このようなアットホームな時間があったこともあり、ドリームチームは家族のような存在でした。
大人になって、毎週のように会ったり、度々一緒に旅行に行く友人がいるのは、やっぱり珍しく、本当に幸せなことだと思います。
予定が詰まってない時は、「元気にしてるかな?」って思ったりもしました笑。
皆様と一年間、一緒に学び、遊ぶことを通じて、願望の叶え方、困難な状況の乗り越え方を習得し、目に見えない世界や自然と繋がる中で、目指す方向に人生の扉が開いていく感覚があります。
ドリームチームが始まる一年前よりも、自分への信頼度が増し、豊かになっていると思います。
そして私がドリームチームから受け取ったものは①仲間②強み③役割の3つです。
年齢も、生き方も異なる7人+ゆう子さんが、それぞれの強みや閃きを活かし、自分ができることを、その場ごとに見出し、無意識に役割を果たしていく。その能動的な関わりから、遊ぶことにも自分らしさがあることを知り、自分の楽しみ方を知り、豊かさを増してきたと感じています。
この視点は仕事でのチーム作りやアイデア出しにも役立っています。仕事でも、この一年は、プロジェクトを任されるなど、自分の強みを発揮できる場面に恵まれました。
卒業の時を間近に、残りのドリームチームの期間を思いっきり楽しみ、今の豊かさを育てていきたいと思います。そして来年の自分を楽しみにしています。また、このドリームチームで2期生になる方々が、どんな遊びを作っていかれるのかも、ワクワクしながら見守っていきます。
これからもよろしくお願いいたします。
鳴神 恵美(会社員)

ドリームチームに参加して。

ゆうこさんに声をかけていただき、今年春このチームに参加しました。
最初、何をするのか全くわからないまま、ただドリームチームというワクワクするネーミングに惹かれてのこと。

いや。本当に面白かったです。

何したい?から始まりました。

4月だったか、この講座でハイヤーセルフと繋がり「喜び楽しみJOYでしょ」とメッセージをもらいました。笑

私は、以前から田舎の景色を車窓から眺めながらお弁当を食べたい。
と、いつでも出来そうだけど、何となく実行できなかったことを希望。
出雲、高千穂という神さまに近いところに行きましたが、
他のメンバーの行きたかった場所で私の願いも叶えられました。

このチームは、みんな個性的。
機動力。
細かな気配り。
抜群の交渉力。
信頼できるリサーチ、など
みんなに得意なことがあって、
それを実行できる。

〔私の役割は今ひとつわかりませんが。笑〕

私たちに出来ないこと、ある?
と思えてしまう、そんなチームでした。
ゆうこさんの元に集まった私たちですが、
導かれているかのように感じました。

高千穂でありえないほどのタイミングで、
素晴らしい景色を見た時、
偶然が重なってのことですが、
コレって神さまに応援されてるよね、
と強く感じた瞬間でした。

面白がる、は私のテーマですが、
とても楽しませていただきました。

「そう決めたらそうなる。」
というのも腑に落ちた気がします。

ゆうこさんの米原のお家で何度かいただいたランチは最高に美味しかったです。

N.H(会社員)

 

「楽しむ」よりも「修行」を選ぶ性格だったので、「楽しむ」を目一杯体験しようと参加しました。
4月から部のトップが変わり、従来と180度違う方向に舵を切る事を要求され、毎日遅くまで仕事をする状況と‘お試し’がやって来ました。土日も仕事する中、ドリームチームの活動で遊び気分転換するとともに、自分軸を取り戻し、創造力も維持できました。
と、8月に右腕の部下が移動、10月から直属上司も変わるという‘お試し’。悪戦苦闘中、ドリームチームでのやり取りで自分を外から見る事が出来、これもゲームと、いつもより早く気分を変えられました。
ドリームチームの「遊び」を取り入れることで、嵐の中の様な状況でも、「遊び→気分転換→気持ちの余裕→自分を客観的に見る」が出来、改めて‘遊び’の重要さを実感いたしました。
楽しい時間をありがとうございました。
なか(会社員)

全力で遊びながらゴールを達成するのだという、ドリームチーム。
会社員の私は、売上目標を持つ個人事業主ではないので、正直なところ一体何をどうやるんだろうと思っていました。それでも、遊びながら達成?という摩訶不思議なところが気になって参加を決めました。それに、全力で遊ぶというのも悪くありませんしね!
さて、ここでは自分たちであれこれ自主的にイベントを企画するのですが、これが思いの外楽しい作業でした。
仲間とアレはどう?コレはどう?と話し合うのもさることながら、普段から「自分は何をやりたいんだっけ?」を無意識にも探すようになったのが大きな変化です。
これまでだと、自分1人でも行けるところで、と希望を縮小したり、誘う人誰も居ないし…と思ってやりたいことがあっても「ま、いいや」とスルーしていましたが、ドリームチームがあることで、たとえ「とりあえず」でも「コレやりたい!」ということを表明する場ができたのが自分的には大変良かったですね。
また、自分がやりたいと強く望んだ企画で他の人もとても楽しんでくれたことが嬉しく感じました。自分が存分に楽しめて、しかも他の人に押しポイントをしっかり説明できることなら、他の人もそれに乗っかって楽しんでもらえることが分かったのは大きな発見です。やれば自分でも意外に出来る、と。
ドリームチームでの活動が実際に自分のどんな成果に結びついたか/今後結びついていくのかはまだ判然としませんが、企画立案の活動を通して、どう企画していくかの練習もでき、また全力で遊んでくれる仲間ができたことが思わぬ収穫でした。
K.F(会社員)

 

ドリームチームへの参加ですが、本当に何も考えずに申し込みました。
その結果、思いもよらなかった展開で、新たな人生が創造されていった、ミラクルいっぱいの1年となりました。
参加した当初、事前質問があり、そこに書いた若い頃とてもお世話になった方だけど、音信不通だし、ご存命かどうかもわからなかった方。
事前質問を提出して、数週間後にふと手にした雑誌にその方が載っていて、とても驚いたことを皮切りに、嬉しいビックリの連続でした。
講座や勉強会で学んだ秘儀を実践することで、自分の真ん中の喜び、魂の願いがよりはっきりとし、導かれるように現実が創られて行きました。
また、チームでご一緒した皆さんの感性が素晴らしく、リラックスしたなかで、いきいきと本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
楽しくて、くつろいでいたからこそ、自分の本質が顕現してきたのだと感じています。
チームの皆さんの優しさ、聡明さ、煌めく感性に触れたとき、これまで歩いてこられた人生の時間もシェアしていただいているような、とてもありがあたい気持ちになりました。
そしてきっと、これからも灯火のように周りを照らしながら人生を創っていかれる方々とご一緒させていただいたのだと感じています。
ゆう子さん、ご一緒させていただいた皆さん、
あの時何も考えずに申し込んだ自分に、心から感謝しています。
ありがとうございました。
富澤和子(自由業)

講座詳細

人は遊びの中で自分の本当に好きなもの、心を動かされることに気がつきます。自分の「したい」がまず最初にあります。これがわからなければ現実創造は始まりません。遊びの中で自分が今、欲しいもの、やってみたいこと、必要なものを手に入れていく。多分、ちょっとしたチャレンジになるかもしれません。

そんなドリームチームへのお誘いです。

 

今、その時期にいらっしゃる…と思う
あなたへのお誘いです。

一緒に夢を実現していく体験ができ、一生の仲間ができたら嬉しいです。

詳細です…

ドリームチーム詳細

2020年は隔月でワークディを設けています。偶数月は大阪、奇数月は東京。出れない月は他のチームの出れる日に振替頂けます。

<日程>

ドリームチーム大阪
2/23日曜
4/4土曜
6/27土曜
8/2日曜
10/3土曜
12/5日曜
2021/2/6-7土日

ドリームチーム東京
3/20金祝
5/24日曜
7/4土曜
9/6日曜
11/28土曜
2021/1/30土曜
2/6-7土日

 

<内容>

初回はワークショップとなります。
自分の中と深く繋がるワークの中で何を思っているのか、年間の方向性などを見てまいります。
1期は大阪チームは2回の泊まりがけ旅行、東京チームは日帰り旅行などをしてまいりました。旅行だけではなくて、色々な体験や勉強会など何が次は出てくるのかはお楽しみです。

ワークディの中でかかる費用は都度実費となります。
(例:観劇、食事代、施設使用料、交通費、宿泊費など)

決まっているのは初日ですが、その他にも流れに合わせて必要なことをやってまいります。
自分だけの香りを作ったり、魔法の体験。
自分の中を深く見ていくイメージワークなど…

一緒に面白がって、自分がやっていきたいことのために今までと違うやり方、違う世界を体験していきませんか。

<特典>
・林ゆう子の提供するセッション、講座が無料又は特別価格で受講可能
例えば
ー林ゆう子のなんでも相談室、ご希望に応じて2回まで無料
ー『豊かさの源泉と繋がるWS』8万円→3万円
ーミスティック・セントオリジナル38500円→10000円でお作りします
その他、都度ご案内。
ー自分のハイヤーセルフと繋がる瞑想用の音声プレゼントなど
必要に応じて、その時用のイメージワーク用の音声をお作りします。

<募集人数>
各チーム8名(4名から実施)

ドリームチーム参加費 特別価格
1回あたり 45,000円税込のところ 33,000円税込×7回
※連続講座のため、欠席される場合も費用はかかりますのでご了承ください
※他のグループのワークディに振替可能。3期以降に振替も可能

お支払い方法
・ワーク前月末までにワーク月分お支払い
初回のみお申込み1週間内(時期応相談)
(現金振込、またはPayPalカード払い…4%手数料かかります)

現金一括払いの場合はミスティックセントオリジナル35000円相当をプレゼント。

 

そして、余談ですが…この一年近くのドリームチームの活動を通じて、私自身も自らが望むものにはっきりと気づいてしまいました。それに蓋をしていては、わたくし自身の人生に置いて咲ききる、ということは叶わないということもわかりました。
ですから、2020年わたくしは私自身のためにもこのドリームチームの活動に参加して自らを本気で楽しませるということをしていきたいと思っております。

だから、この人生でちゃんと自分の花を咲かせて生ききると思われた方、是非ご一緒いたしましょう。

お申込みはこちら
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=473828

 

内容など、気になるところがございましたら
お気軽にお問い合わせください。

あなたの参加を心からお待ちしておりますね。

 

 

 

PAGE TOP