Loading

BLOG

柿田川からの六甲へ

いつからこの水祭りは
始まっていたんでしょうかね。淡路~安房の国(館山)~
竹生島・滋賀~足摺~熱海
~ドイツ~熱海・三島~
今回の六甲あちらこちらで符合が
重なって
よくわからないけれど
そうなのか…ということが
起こってくる

今回は何となく
前から六甲の磐座に
行きたいですねーと
言っていて

調べてくれた仲間が前回の柿田川に繋がるらしい、と

いう話をしてくれて

 

 

なるほど、ドイツの水を届けるのかと

最後が六甲比咩神社だね、と

言いながらスタート

 

 

いつも旅はノープラン

なんとなく、

ここかな、というところや

現地で入ってくる情報から

行くところが決まっていく

 

 

この旅を通じて学ばせていただくことが

あります

 

{867754CD-358A-4633-A8D5-202DAF18E51A:01}

それは、自分の中の感覚を信じて

行動していくこと、です

 

 

以前でしたら、プランが決まってないことに

不安、というかこんなことでいいのか?

という思いがありました。

 

 

が、私がこうでなくては、を

手放した時に参加している皆様にとっての

最善が起こる、ということを

最初の淡路で体験してから

 

 

私がすることは、如何に自分の頭で

ここがいい、という決めつけを

しないでおくかどうか

 

 

いかにフリーな状態を作れるかどうか、

ということを意識しています。

 

 

もう1つ、自分の感覚で決める、ということ

 

 

適当に決めていいはずがないです。

 

どこででも、そうですが

「あ、そこに行きたい」にフラグがちゃんと立って

反応できる自分であること。

 

 

{38F319F2-EC45-4C3E-A9F0-FA89B0A76D71:01}

私は別に何かの声が聞こえたり

見えたりすることはありません。

 

 

だから、次はあそこね!とか

一切ない

 

何のために行くかもわからない

 

 

どこに行くのか、言ってくれればいいのにと

ボヤいていた私にひつきさんがこんなことを

言ってくれました

 

 

言われると行かなきゃ、になるけど

言われないから、行きたいところに行く、に

なるんちゃいます?

 

 

本当だ!

 

私の上の人たちはスパルタです。

 

そんな情報1つもくれないで

ドイツのときもノルディナウ行かなかったら

ドイツに行った意味半減、とか言うし。

 

 

{E3A93D1E-163C-48CC-8594-5E62B52FCBCD:01}

言ってることもわかる。

 

私は言われたことしかしないから。

(言われたことはやるんだよね笑)

 

だから、本当にリアルRPGです。

町の人に聞いて、

宿屋の主人に聞いて、

情報を得て判断する

 

 

でもね、その時にちょっとした違和感や

些細な変化に気がつけるかどうか

あ、これだ!にきづけるかどうか!

 

なんですね!

 

 

自分の気になる!がちゃんと発動し

それに従って行動できるかどうか

 

 

行きたくても

行くためには時間を作らないとならない

お金を工面しないとならない

人にお願いしないとならない

 

色んな面倒があります。

 

 

これを面倒だと思わないでできるかどうか。

 

 

感じるだけではダメなの。

 

いいと思ったら行動もしないと。

でも、自分の思いだけで周りを見てない

調和の取れてない行動はワガママです。

 

 

自分の思いだけで

家族ほって出かけてないですか?

 

面倒見てくれてる人達を

当たり前だと思ってませんか。

 

それをさせて頂いている帳尻は

合わせてますか。

 

 

 

一緒に行ったツグミちゃんが

翌日、4時に起きて早番のお嬢さんの

お弁当を作る、と話していて

そんなことを思いました。

 

 

感じた次の行動、

その質を上げよ

 

そんなことを思った今回の磐座巡り

 

 

{39544B81-1F61-4DFF-85E1-E2440BB4E59B:01}

まるでおとぎの森のようでしょ?

 

—–

男性をたてるということ…

長谷川先生の特別講演会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP