Loading

BLOG

恐るべし、再生のチカラ

こんにちは、林ゆう子です。

最近、色んな事情で無理なスケジュールであちこちにいかなくてはならず、やれやれ…と思いつつ、これは一種のゲームなんだと思って、やれやれアイテムゲットするためにどうしてこんな遠回りをさせられているのだ??とぼやいているわたくしです。

先日、岡山で行った今取り扱っている商材などの研修会にてのお話。この会社は『再生』をテーマに全ての商品開発をされているのですが、一時世間を賑わせた「幹細胞」なるもの。

最近はこれが入っています…という化粧品も沢山あるようですが、扱っている製品の中でMATRIXマトリックスエキス、というものがあるのですが、こちらは幹細胞の中でも間葉系幹細胞が入っていて、これは他の化粧品会社の製品にはあまりないものだというものなのです。

間葉系ってなに?

その前にそもそも幹細胞、What?じゃないですか?こちらをどうぞ→Wikipedia幹細胞

一言でいうと受精卵が細胞分裂していって128個まで分裂したあと、その次の分裂からはそれぞれの細胞があなたは心臓、あなたは肝臓、あなたは膵臓…という具合にどんなに細胞分裂しても行き先が決まってしまうんだそうです。知ってた?

だから、128個の分裂までの細胞っていうのは反対に何様にでもなれる万能細胞なわけですね。これのことを幹細胞というのだそうです。ほほー

でもってですね、その中でも間葉系幹細胞というのは脂肪、筋肉、皮膚、血管、神経、心臓などの再生に特化しているのですわ。そりゃ、肌に効きますよね。

この間葉系幹細胞を使った治療が現在、脳梗塞や脊髄損傷をおった患者さんの治療に使われているわけです。本人の脊髄液からわずか0.1%の間葉系幹細胞を培養して1万倍に増やし、それをわずか1回点滴で身体に戻すのだそうです。

NKHスペシャルではその現場を紹介していました。

事故で脊髄損傷した方、脳梗塞で呼吸もままならなかった方たちが劇的な回復を遂げている姿が映されていました。今年の5月からはこの治療法は保険適応になっているそうですよ。ご興味のある方はこちらから…(有料)https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2019098561SA000/

びっくりなのが首を損傷して手足が全く動かなかった方がその点滴を投与してすぐに指が動かせるようになり、3週間後には自力で立ち上がるようになり、今では事故前と変わらず車も運転しているそうです。

このような間葉系幹細胞の培養液エキスや様々な先端成分を独自配合したマトリックスエキス。これを事故で指先を失ったお孫さんにダメ元で塗り続けていたら数週間で指が元に戻ったのだそうですよ。驚きません?

指が戻るのだから肌くらい再生するわけですね、納得…と思った次第。

 

ところで、東京喰種(グール)というアニメご存知?昨年だったか一昨年だったか実写版映画もできましたが、人の肉を食らう喰種(グール)という種族と人間との攻防を描いているのですが、このグールというのが能力、再生力がめちゃくちゃ高いわけですよ。中でも主人公の金木兼という半分グールの再生力が半端ないのですね。まあ、こういうのが敵だとつまり、殺しても死なないから厄介。その再生力半端ない怪物が増殖して騒ぎを起こすのですが、ネタバレですが…最後はまあ、その再生力が人間の医療などにめちゃくちゃ貢献して寝たきりだった人が意識を取り戻して起き上がったりして感動的なシーンになるわけです。

ああ、まさにこんな世界なのだな…と思いました。いや、研修に行く前の日にたまたまそのシーンを見ていたので、デジャブかと思いましたよ。


(グールと言われた私の目、一人だけ光っているの。グールは目が赤く光るため…)

まあ、こうした扱っている商品がいいものであること、再生をテーマに次々と商品が出され、そして何より再生医療のメディカルセンターを持っていて、その点滴とか療法を受けるのが加盟店だと優遇されるので、こちらの加盟店になった…というものあります。

悪玉コレステロールをクレンジングしてしまう浄化療法とかいいですよね。

難病指定されている妹とかにも将来的にいいのではないか?と思っているのですけどね。もちろん、自分も…。

そんなマトリックスエキス、ミラクルファンデなどお試しになりたい、話しがしたい…という方々、どうぞ明日15日の15時〜17時でお茶会していますので、この間はいつきてくださってもいいですよー。

場所はイデアキューブです。
渋谷区富ヶ谷1-9-18
コムロンド代々木公園フラッツ801
(GoogleMAPは裏を案内するようなのでお気をつけて)

マトリックスなど気になる方はこちらのオンラインショップでも購入できます。
オンラインショップ

簡単レシピを配信中

魔法使いになる講座始まります

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP