Loading

BLOG

列車はそれぞれ行き先が違う

秋分の日を境に
この世界は二分されて
もはや、ここからは出会うことも
関わることもない…というように
世界は別れていくのでしょう…

2つの列車のどちらに乗るのか…

それによって行き着く先も
変わってくるようです

o0480048113717940690

いままでの世界


これまでの世界は
競争や人と比べどうなのかという
視点でものを見て

損得で考え

効率的に、手早くとか簡単に…が好まれ
そのために大切なものが
置き去りにしてきたところがありました。

物質的なものに重きを置き、
仕事のやり方もいくら儲かるのか…が
評価の基準

この世界に留まる人たちと
次の世界に移行する人たちと
はっきりと別れていきます。

この世界に留まるものは
同じものを見ても
批判された、自分の陣地を侵されたと感じ

全てを攻撃対象とみなし
自分の気に入らないものは

攻撃することでしか
解決策を持ちません。

全てが陣地合戦、
陣取り…のような感覚で
派閥を作る、とか
自分の意のままになる仲間(仲間とは言わないが)を
増やすとか

そうしたことに力を注ぎます。

人にどう思われるか
どう評価されるかばかりを
気にしていて

自分がどうしたいのか
そのために「何をするのか」がありません。

自分の狭い了見にだけ囚われ
自分の小さな物差しで
世界を見ようとし、
それで理解できないものを攻撃します。

競争、攻撃、奪い合い、
対立、自己中心、強欲

そんなもので心がいっぱいで
安らぎとは無縁

いつもいつも不安と不満
イライラばかりで
誰かを攻撃したくてたまらない

こんなに頑張っているのに
こんなにやっているのに

誰か私を認めて
誰か私をすごいといって…

頑張らないと何もなされない

このモードにいつまでも居続けるという
選択をした人たちは
それを見続ける世界になるでしょう。

o0480048013717940692

これからの世界


それに対して
これからの世界観というのはもっと見えないものを大事にしていく世界観

例えば言葉ひとつとっても
その後ろにあるものを
慮れる世界

言葉の後ろをイメージするというと
どうしても悪いようにしか
取れない人もいらっしゃったと思います。

が、そういう方々はこちら側の世界には
これないということ。

同じものを見ても
調和が前提にあるものには
調和にしか見えないのですよ。

コンビニエンスなものではなく
ちゃんとしたものが
大切になってくる時代

簡単にある、ただのお腹を膨らせる
食料ということではなく

きちんと人の手と魂の入ったものが
少し高くても売れていく時代

忘れかけていた大事なものを
もう一度思い出す世界

そのためには自らが
主体的に世界と関わる必要があります。

現実の二分化


周りに起こる出来事を見ていると
確実にこの二分化が進んでいると
思っています。はっきりと境が見えてきました。

よく言われますが
本当にここから乗る列車が違う、
ということでしょう。

行き先が全く変わりますから…

この2分化のキーポイント

わたくしたちは
起こることに対して
感情を選ぶことができます。

わたくしはこれまでに
何度もこのことをお伝えしてきました。

自分の気持ちを選ぶということを
習慣にさせるための
「人生バラ色にするダイアリー」を
作りもしました。
(これを使えばいいという話ではありません)

ENMAカードというもので
自分の本音に気づいてもらおうと
潜在意識の中にアクセスするツールを
作りました。

何年もかけて
自分の気持ちは選択でき、
自分をご機嫌様にするのは
自分自身なのだ、ということを
お伝えしてきました。

人や環境や何かが
自分を心地よくするのではない。
楽しませるのではない。
ましてや幸せにするのではない。あなた自身がそうなる感情を
「選択する」ということを
意識的にやらないとならないのです。

だから今、本当は何を自分が思っているか
知らなければ変えることはできないのです。
綺麗事を言っていても
本当は自分の心がドロドロで
泥にまみれた闇の中にあることを
認めないと変わらないのです。

これを放棄し、
自分は気分が悪い、と
こんなことになってどうしてくれる、
といったり

綺麗事を言い続けるならば
残念ながら
同じものたちと同じ世界を
生きることになるでしょう。いま、自分は2つの世界の間(はざま)にいると
感じるならば

積極的に意図的に
自分の感情を穏やかに
楽しくなるような

前提や見方を選択するという
くせをつけていってください。
この一ヶ月の間に。

自分の本音を偽っていたり
人を陥れたり
どうでもいいことをおおごとにしたり
人の影口ばかりいったり
自分ではなく人の話ばかりしたり

批判ばっかりで自分の成すことを
されないでいたり

自分のことが嫌いで
認められず
それを親や人のせいにして
だから、自分は××なんだ、と
できない理由にしている方たち

つまり、そうは取らなくてもいいのに
争い、批判、戦い、比べ
良い悪い、勝ち負けにしてしまう方々は

乗る列車は違うでしょうね。

どちらが良い悪いではないですが
自分がそちらを選択しているということ。

そうした出来事をこれから
沢山、目の当たりにしていきますよ。

自分は今後、どちらの世界で生きたいのか?

人がどうのとか、
誰かがやってくれるわけではないです。
あくまでも、あなたがどんな選択をするかです。
そして、その選択に基づいた行動を
するか、しないかなのですね。

全てを自分以外のせいにしていた頃

新しい時代を楽しむために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP