Loading

林ゆう子プロフィール

生ききることは咲ききること

咲ききることとは自分の命を使い
魂の中にある本当にやりたいことを
やってみること

自分の実現したい現実を
この世界の中で創り出すこと

それを
歓びとともにできるということを
仲間と一緒に分かち合おう


情報空間サロン イデアキューブ代表
ブループリント プロデューサー
香術師

林ゆう子(生観院ステラ)プロフィール

生ききることは、咲ききること
というあり方で生きる。

自分の心の奥で望む姿を知って、

それをこの世の中で実現していくこと、
しかも歓びをもって楽しくやれるのだと
知ることが悟りだという信念を持つ。

1963年11月東京都生まれ、
本家は猿田彦様を祀る神社。

大学卒業後、日本IBMへシステム
エンジニア(SE)として入社。

入社2年目に全社CS活動優秀賞を受賞。
また、IBMの販促部門が独立した
関連会社GBS株式会社の立ち上げに参画。
IBMの退職女性SEをビジネスサポーターとして
雇用する仕組みを創りあげGBS社長賞を受賞。

新規事業の立ち上げに数多く携わる。

2000年IBM退社後、ボディセラピストとして
活動し、SNS,ブログもない時代に全国、海外
からもお客様が集まるサロンを主宰。
その後、2011年に自身の手術により、ボディ
セラピストを辞めて講師・コンサル業へ移行。

『現実創造』をテーマに活動する。

望む現実創造のためのとポイントは
自身の持つ情報(思考)であると考え、
『自己内部対話』を最重要視し

内観力、質問力、発想力などを鍛え
自分が創り出している現実の
基になった情報に気付き、
情報を変えることができる
300種以上のツールを作成。

情報空間サロン
『イデアキューブ』という仮想サロンにて
これら様々なツールを提供。

 

2014年に創った
36枚のカード「ENMAカード®」は、
本音を引き出すカードと大評判。
全国でこのカードリーダー養成講座を
開催し、すでに500名近くが受講。
自分の潜在意識にあるものを意識化することに
役立てている。
(現在オンライン講座として提供)

 

自分の本音を引き出すためには
ネガティブな感情が大切と考え、
ポジティブだけに光を当てるのではなく
ネガティブな部分も大切に見ていく
その姿勢が多くの共感を得ている。

また、
2020年の生観院捨名師匠との出会いから
クォンタムヒーリングを学び、
今までの経験と実績をベースに
再度、新しい形のヒーリングを提供していく。

その人のもつ魂の設計図、
ブループリントと繋げ、
本来と未来を重ね、その人の持つ
可能性を引き出し、

生き方としてのビジネスに繋げていく
ビジネスヒーリングを提供。

その魂が本来やりたいこと、
ブループリントに沿った生き方をし、
この世で実現していくために

隠れた原因や可能性をヒプノで探し、
通常では改善しない状態も
クォンタムヒーリングによって
整えていくこと、

また未来視を使ってアクセスした
そのかたの未来の姿に合わせていく
未来姿コンサルも評判。

様々な手法にて
その人をブループリントに沿った
生き方へとプロデュースしていく。

 

現在は東京は代々木公園近辺に在住。
夫の実家の滋賀県は琵琶湖の畔の家とを
行き来する二重生活を送る。

生ききることは咲ききること」について
http://yuko-hayashi.com/hakusyo/2019052402/

PAGE TOP