Loading

BLOG

今自分はどのレイヤーで考えているのか

先日、こちらの記事にも書いたように
ご自分のやりたい、ということを
どのレイヤーで考えていることか
意識するといいですよ、と
お話した方がいらっしゃいました。

その後、すぐに行動に移されて
ご自身の色々なものが
クリアーになられたようです。

昨日のSUTEMATSUカレッジの中でも
出ていた話ですが

一見、矛盾しているような話も
どのレイヤー、どの視点で見るかによって
変わってくるのです。

「素直になる」と一言でいっても

それと「言われたことを鵜呑みにする」とは
全く違うこと。

ある場面では言われたことをすることが素直、と
いう場合でも違う場面では
そこは違うでしょ、というときがある。

そこにはいつも
「あなたはどう在りたいの?」
という、今ではなく
この先の未来にどうなっていたいのか、
があるのです。

それに対して、
今、何をするのか、ここは素直に聞くところか、
聞いてはいけないところか

この判断をもう、ルールとかないです。

自分の経験から選んでいくこと。
でも、一つ言えるのは

「何のために?」に向かうために
今、必要なことは?と考えること

そんなアドバイスをした方からの
感想です。

image

◎コンサルの前後で一番変わったことはなんでしょうか

これでよかったんだ、と今までやってきた事と今後の方向性への確信が持てたことです。

自分の軸がブレブレになっていて何をメインにやりたいのかわからない、と思っていたのが、実はブレてなかったとはっきりと思えたことで、悶々としていた気持ちが楽になりました。

◎何が面白かったですか

同業者である友人から言われたことが引っかかっていたのですが、「どうせ言われたの1人でしょ?」と一蹴してくださったこと。その時のさらっとしたしゃべり方とは逆に目の奥に凄みを感じました!!

思いの外周りの評価を気にしている自分や囚われている思い込みに気づくことができましたし、その一言と目力で靄が晴れたような感じがしました。

◎役立ったことはなんでしょう?

クライアントさんに必要に応じて施術の内容を変えればよいので、メニューを1つにまとめるようにしたこと、体験談を集めること等アドバイスを頂いて、具体的にどうアウトプットしていけば良いかが分かりました。

また、「日本人は複合的です」とおっしゃっていただいたことで、レイヤーをより一層意識した施術になってきました。

そうすることで、より自分の中でしっくりくるケアが提供できるようになっているように感じます。

◎コンサルの感想、林に一言

かわいらしい雰囲気でありながら、その大きな瞳で全てを見抜かれているれるようで、お話ししていてドキドキすることがありました。

ブログでご紹介くださった本(『具体と抽象』)も、とても参考になりましたし、いろんなことが腑に落ちました。

今までグダグダ考えてなかなか行動に移せなかったのですが、林さんを見習って軽やかに本気で人生楽しんでいこうと思います。ありがとうございました!

RTさま

============
Rさま、ありがとうございます。

本もお役にたったようで良かったです。

相手がベストな状態になる、
というゴールから考えてみれば

ダメだと思っていた選択肢も
それでもいいのかも、と思えたり
することもある。

こう思うと
自分はこれをなんのために
やっているのか、
やっていくのか、

これに立ち戻って
確認しながらやっていく、ということも
大事になってきますよね。

これを意識することができると
大きく外れることはしないと思います。

一番ベストを提供していってください!

あなたのその考えていることは
どのレイヤーから見たことでしょう?
1つ上から考えてみたとしたら・・・
どんな答えになるのでしょう。

—–

SUTEMATSUカレッジ、始まりました

素直であること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

カテゴリー

PAGE TOP