Loading

BLOG

明らかになっていく自分という人間

ドイツに行く前に上林先生の
セッションを受けてきたのです。

その時にあることを
お聞きしました…

先日ブログにも書いたのですが
カラダごとをしている方々に
私のカラダがおかしい、と
言われていたんです。

前回のガイドロプトの後のこと。

ひつきさんに
「ゆう子さんのカラダ、
おかしいですって」っていうんです。

すかさず千春さんが
「そうそう!
レイキとかしても全然効かないの!」

っていうのですよ。

整体をしている江美ちゃんも
カラダを触って
「本当だー、ブラックホールに
吸い込まれる感じがする」
というのです。

{2DDEFA45-3038-414D-93DA-71D62630D15F:01}

うーん、確かにそれは
常々感じていたんですよ。

なんだか、皆さんが言うほどには
効果がないな、ということが…
特にエネルギーワーク系です。

…ということを
先日、ゆりりんにボディスキャンニングを
受けたときに聞いてみたんです。

ゆりりんには
「内臓がここにありません。
宇宙にありますよ」って言われた!

上林先生にも聞いてみましたら…

どうも、普通の人とカラダの構造が
全く違うのだそうです。

ゆりりんにもエネルギーの入り方が
違います!と言われてましたが
普通の人に効くヒーリングの
エネルギーが私には素通り
していってしまうのだそうです。

あ、でも私を通じて宇宙空間に
エネルギーは流れるので
いいことなんだそうですが…
私にはそのエネルギーの作用が
効果ないみたいです。

ざ、残念!

ここに書くと面倒なんですが
まあ、ちょっと変わったカラダで
日本で8人、世界で50人くらいの
割合の同じような人間がいるらしい

そしてドイツに来る直前に
バラ色ダイアリーの完成報告に
松村先生のところに行きました時に
先生からお聞きした
マンダラ思考のうちの
「空」と「唯識」というものが
私はとても好きで
それがベースになっている、
ということをお伝えしてました。

{AC3F9C1A-43DD-4C13-9F64-F28CFB635FB2:01}

ところが
この上林先生とのセッションで
私が今後取り組むテーマの1つ
として「空の活用」ということが
あるのだそうです。

空というのは
それ自体はなにもない

関わる人たちによって(縁起)

夫にとっては可愛い妻
姑にとっては憎い嫁
お手伝いさんにとっては
ただの女主人

というように
関わり方で
その存在の意味が変わってしまう

存在しているものに
実体はなく
自分と相手との関わり方によって
いかようにも
変わっていくものなのだ、というもの

 

{B204CE84-101D-45EE-9E2B-E20BEB0875AE:01}

セッションの中で言われたのですが

この反対を生み出して
いたのが物質主義的な思考
でもあるとのこと

資産を貯める
変化を嫌う
もらったものにしがみつく

人間は空が苦手で
その反対の状態のものを
作り出す知恵を身につけてきた…と
言われたのですが

空、ですか…

そりゃ、1つのことを
続けることは無理だよね。

儲かったとしても
それだけを教えて
その道の第一人者になるのは
楽しくないから
無理なのですよね

なるほどなぁ、
私自身の本質とは
遠いところにあるから
本能的に避けたのか…と
過去の出来事とかを
改めて思う次第です。

このドイツにきて
ヨーロッパの社会にあった
男性的権力の構造と
戦いの歴史のエネルギーを
受け取り、
どうしていけばいいのか、
その情報を受け取りました。

そこには確かに
この空をもっと緩やかに
たおやかに持った
流れるエネルギーを感じます。

これを人がわかる形に
使える形にしていく、という
課題を頂いたようです。

なるほど、ちょっと面白くなってきた…

それがテーマであるならば
確かにカラダの構造も
違うのでしょうね。

…などと思ったドイツでの午後…
みっちゃんは昼に飲んだワインで
ぐーすか寝てます。
もう2時間くらい寝てるけど
起こしたほうがいいのかな…

—–

私の研修旅行

龍王のおでまし

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP