Loading

BLOG

ステージを変えたい人に

もう直ぐ11月ですよね。わたくしは誕生月が11月。ええ、蠍座のオンナです。しかも太陽も月も蠍座ですから、深い深いところで様々な体験をします。
ブログに書けることなんか、ほんの一部ですよ。でも、そんなもんかと、何となく生きて来ましたよ。

危うく、もうこれくらいでいいか、とこの世からサヨナラするところだったらしいですが、多分去年の今頃から「あ、面白いかも…」と思ったようです、わたくしは。
img_5278.jpg
昨年の11月でしたかね。

お世話になっている酒井先生が昔、カラダを治して頂いた先生、というニュアンスで上林先生のことをお話しされていたのですよ。
わたくし、特にカラダが悪かったのではないのですが、「その先生ご紹介下さい」と酒井先生なお願いしましたの。ようやく紹介頂き、セッションを受けましたかのが昨年の11月の終わりでしたか。
「何がお聞きになりたいのですか?」と上林先生に聞かれまして、「??え?カラダのことでですか?」と聞き直しましたら、「いえ、何でも構いません」とのこと。あら、そういうことだったの?と直ぐにわかったわたくしは、その場で質問を4つ考えました。
そうなんです。カラダの先生だと思ったら大違いでした。

上林先生のセッションとは

自然の中にいけ、もっと自然を感じ、大元と繋がりなさい、と言われました。

d3
上林先生にお聞きしたのは、カラダのこと、その時に持っていたある案件のこと、来年わたくしがやっていくことについてなど、だったと記憶しております。
それらの問いについて、上林先生はわたくしのハイヤーセルフや専門知識を持った存在達とチャネリングして、必要な情報を教えてくださいます。

それが本当にビックリするくらいに多岐にわたり、精度が高いものだったのです。
その全てが根っこは同じ問題に繋がっていました。
本当の意図を表現していく

そうなのです。わたくしは本当にしたい、と思っていることをもし、してしまったら社会に適応して生きれないと思い続けてきたようでした。
わたくしは自分自身に問い続ける魂。

「これでわたくしは本当に幸せなのか?」という問いを常に自分に問い続け、自分は自分で人生を掌握しているのだ、という実感を持って生きることが天命でもあると。
もっと楽しいと思うことをやりなさい

今までの十分に楽しんでいると思っていましたが、本当の心の奥にある意図を出さないとならない、ということ。それを自分にさせるということによってもっとこの人生を楽しんでいいのだ、ということを何度も何度も言われたのでした。

 

いま、この肉体だけではなく、いろいろな次元のものから影響を受けているということがわかりましたよね。永遠に生きているという性質、目に見えないという世界を見て、自然ともっと繋がっていきなさい。

 

人間の作った理論に惑わされるのではなく、地球や太陽や自然にもっと自ら望んで繋がろうとしなさい。人々のインスピレーションの源はすべてもっと大きな自然とか宇宙とかなのです。そうしたものともっと繋がっていくこと、人間が作ったものではない自然環境との言葉ではないふれあい、それが来年(2016年)のテーマとなるでしょう。

自然を拝むのではなく、自然に溶け込む、という意識を持つこと、と言われたのでした。

依存体質を終了させること

衝撃的だったのは「依存体質を終了させること」というハイヤーセルフからの言葉です。わたくしは人にはそう言いますものの、自分ではそんなに依存しているとは思ってもみなかったからです。
「え?依存?わたくしが依存しているとしたらどこなんだろう?」

すぐにそう思いました。
多分、「私が依存?そんなわけない!」と突っぱねたとしたら、今のわたくしはなかったと思います。わたくしはえ?っと思った次の瞬間には依存があるとしたら、どこなんだろう?と考えていました。

ハイヤーセルフの言葉は続きます。

「私にはできないから誰かにやってもらう、ではなくて私にできないことはやってもらい、私ができることを私がやるという生き方をすること」

「そこで相談していることは言ったらあかんの?」と上林先生。

「うーん」(どうやらわたくしのスピリットチームはわたくしには具体的に何かをいうことが嫌らしいです)
「自分がいいと思ったからやる、というスタンスでいくこと。自分で気づくことがこの人(わたくし)には必要」
「自分が知る、知りたいと思うこと、自分が興味があるということを自分からそれを掴みにいくということをすること」
ということで、それまで興味があった見えない世界のことをもっと自分から取りに行きなさい。やってもらう側ではなくて、自分が舞台の上でダンスを踊る側になってください。という意味のことを伝えられたのでした。

 

目に見えない世界へ踏み込め、それも自発的に自分から取りに行け、ということだったのです。

 

そして、具体的な話についてはさっぱり何も教えてくれなかったのですよ。
「今言ったら丸わかりなんだけれどね〜」などと言って…。

 

先、先のことを知りたいのは先に起こることを知って安心したいという恐怖にすぎない。不安や恐怖を元にしてみる未来のビジョンが光ると思うかい?

そうではなく、のびやかに生きて、自然の中にいて、自然と繋がって伸びやかに楽しんで生きていれば、必要な景色が見えるような人生なのだ、ということを知っておくこと。だから、先に起こることを知るのではなく、来た時に全力で対処すればすべてうまくいく。

偶然のように見えてすべては偶然ではない。すべては必然から生み出されている。
ここにないのも必然、3日後にそれが現れるのも必然、すべて神の必然から生み出されているのだよ。だから、すべてはうまくいっている。

私は実力を発揮出ててないのではないかしら、と思い悩む暇があったら私は実力を発揮している〜と思って楽しんでのびやかに生きていればいいんだよ。

そんなわたくしのテーマは
自分の中を統合させ、融合させ、喜ぶ、喜ばす、喜び合う、楽しむ、楽します、楽しみあうという人間関係を拡大、拡張させて、それは大自然の生命力の中でなされていてありがたいね、って思う人間になること。

それを踏まえた上で知っていたほうがいい情報とは…
というときに聞いた言葉に涙がでてきました。(実際はずっと涙ボロボロでしたが…)

あと少しだよ。あと少しで私たちがあなたに見せたい景色が見えるんだよ。諦めずに続けていくんだよ

 

もっと、壮大で大きなビジョンを持ちたまえ。
誰かのいうことではなく、自分の中の自分の声を聞いて生きていくこと。そのための第一歩として呼吸法と瞑想をやること。ということを言われたのですよ。

今年のわたくしの活動の変化

とても濃い90分のセッションの中でこのようなメッセージを伝えて頂きました。そんなことでわたくしのハイヤーセルフさんたちはわたくしに何か具体的な指示を出すことをとても嫌がります。それはわたくしが「それでいいのね」とそれしかしなくなるから(苦笑)言葉を返せば、言われたことは必ずやるんですよ。
でもね、それではダメと言われていまして。自分で考え、自分がしたいものを選びとっていけ、ということ。

 

それを大切にしていくこと。だから、自分の感じることをちゃんとわかるように呼吸法や瞑想をしながら、自然の中にいることを意図して生きようとしてきました。

56_large
危険を回避するとかではなく、色んな出来事のすべて人生の彩だとして楽しめる大きな人間になれ、ということでしたから、起きることをまるっと受け入れるということを意識的にしてきました。

 

わたくしはすぐに海にまいりました。そのセッションの音声を何度も何度も何度も聞き返して、何をいわれているのか、何を今する必要があるのか…ということを整理していきました。

そして、今まで興味があったけれども自分にはできない、そんな力はない、と見ないようにしてきた見えない世界の勉強も始めることにしました。その一環で東京にて「ガイドロプト」という上林先生による、5次元、6次元…という多次元的にものを捉え、伸びやかに生きていけるような人間になるための講座を始めました。

参加されている方々は本当に変わってこられていると感じます。表情やあり方が変わっている人もいれば、感性のレベルがやはり、半端なく高くなっていると感じます。正直、コアポイントのワーショクップをやったときにガイドロプトの参加者の感性の高さに内心ビックリしましたよ。ああ、言われたことを地道にやっていくとこんなにも顕著な変化になるのだな、と感じましたよ。

そして、ミステリーツアーを始め、自分がやってみたい、行きたい、知りたい、と思うことを考えることなく形にしていく、ということを始めてみました。
それは想像以上に楽しく、参加された方々も本当に魂が震える体験をされていて、その方々の変化を見ていると、こうして楽しい時間を共有する中で本当に必要なことって起こるのだな、とうことを体験させて頂きました。

 

まったく、昨年とは違うことをやっていますし、全く違う自分がそこにはいます。
本当にそのきっかけとなったのは昨年の上林先生のセッションでした。そこで言われたことを余さず、実行してきた一年でした。

 

おかげさまで伸びやかに楽しく、本当にしたいと思うことをして…ちゃんと稼げています。

自分には全くない、と思っていた見えない世界の能力が実は思っている以上にあり、無意識でそれを使っていたことや、もっと意識していけば様々なことに役立てることができることもわかってきました。

わたくしが持っていたのに、無いことにして使ってこなかった能力。それを思い出させてもらい、こんなに楽しく人生を生きているという実感を持ちながら、仕事をして、人のお役に立てて、生きられていることの幸せ。

 

わたくしのミッションとなっている
生ききることは、咲ききること」ということにも通じること。

自分自身が持っている能力を使ってなかったら、生き切っていることにはならないじゃないですか。無いことにするのではなく、ある、というのなら今は実感がなくてもある、という前提で使うという意図を持ち、意識していこうと決めたのです。

だから、わたくしは昨年から大きくまた変わることができました。

次のステージに向かう準備をしている方に、本当にお勧めするセッションです。もちろん、どんな方のどんな問いかけにも答えてくださいますが、ハイヤーセルフの言葉はいくつもの上のレイヤーからそれを見た言葉。ただ、今を楽にしたい、といか苦しいのをどうにかして!という方には正直向きません。

それは必要だから起こっているから。
それを受け入れて、では何を見ていけばいいのか、どこに気づけばいいのか、そのように考えることができる方には本当にお勧めいたします。

亡くなった方からのメッセージ、自分の仕事のこと、健康のこと、成長のために必要なこと、様々な問いに必要な存在からのメッセージを伝えてくださいます。

そのメッセージはとても深く、多岐にわたっているので、だいぶ経ってから、ああ、そういうことか…とわかることも多いです。
是非、自分の人生に主体的に関わると決めて上林先生のセッション、お受けになってみてくださいませ。

91_large(上林先生)

>>上林望先生の個人セッションはこちらから

 

 

スキルやテクニックの前に必要なものがある

夢を見たからには…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP