Loading

BLOG

大地と繋がる場所にて

8月8日、ライオンゲートが開き宇宙からのエネルギーが注ぐと言われた日、私たちは身体感覚講座でお世話になっている松田恵美子先生(通称えめさん)の別荘にて開催された合宿に参加させて頂きました。

高校の同級生で民族音楽のアーティスト、ガイネのインディアンフルートを作るというワークショップとえめさんの呼吸&瞑想のワークショップというスペシャルな内容であったため。

金沢行きの新幹線はガラガラで、こんなお盆のかき入れ時でさえ、こんな状態でどうなっていくのだろう。という思いもありつつ、上田経由で別所温泉駅に到着


(別所温泉駅にて)


(八木沢まい、別所温泉駅駅長…だそうです)

私もお茶目なツーショット!

えめさんの旦那様、通称まっちゃんが教える長野大学の学生さんたちが、太鼓と共に各地の郷土に伝わる舞を披露してくださるというので見に行って来ました。

 

これはまた別途シェアしたいと思いますが、本当に心がシビれるというか心の底から何かがスパークしていくのも感じました。


(長野大学の皆さん)

いいものを見せて頂いた…と別荘について軽くランチを取った後は早速フルート作りのワークショップへ。ある程度形作られてはいますが、ここからカンナで削り出していく様です。


(暮らしの四季 庭にて)


(ガイネの説明を聞く皆さん)

天気にも恵まれて、外で作業をする1日目と2日目は曇っていて涼しかったのですよ。降りもしないで1番いい気候。さてさて、皆さんワクワクしながら始まりました。

私はその間、夜ご飯の準備。

こちらではよく合宿もされる様なのですが、食事の準備は講師でもあるえめさんが終わったあとに作ったり、旦那様のまっちゃんが作っていることが多いそうで。このガイネのワークショップ、えめさんもまっちゃんも参加したいということでしたので、では心いくまで楽しんでもらおうと料理係をかってでました。

みんながフルート作りの作業をやっている間、キッチンで1人でお料理。今回、3日間の料理を担当してさせて頂いて、改めて私はこういうことをしているのが好きなんだな、と思いましたよ。

ざっと買っておいて頂いた材料を見て、何が作れるのか考えてその場で作ったのですが、私は自分の能力はちゃんと積み上げて何かを作るんじゃないんだな、とつくづく思ったのです。

多分、今回もだけども何を作ると予め決めて、すべての材料を洗い出してリストして買っておいてもらう、ということはしたくなかったのですね。自分が買いにいけることでもないから、ならどうしても用意しておいて欲しいものだけお願いして、あとはその場で自由に作るということ。それが私に取ってはとっても楽しいこと。

これをどうやったら1番美味しくできるか。今できる最高は何か?

それを考えて、やったこともないことをやること。これが私が1番燃えるし、萌えるし、クリエイティビティが発揮されることなんだと思いました。

 

夜は近くの温泉へ出かけ、帰りに北向観音へお参り。「千と千尋の神隠し」のモデルにもなったという参道。千尋の両親が豚になってしまうお店がありましたよね、あそこです。

そして宴会が始まります。

今回のメンバーは身体感覚講座に定期的に参加しているメンバーが4名、新規参加が2名。えめさんの講座があるのである程度感度が高く、お伝えすることを理解できる素地があることと何よりみんなの中にいて溶け込める人であること、そして私が好きな人であること、というのがお誘いポイントでしたけども。本当に濃いメンバーで終わってみれば、やっぱりこのメンツで良かったな、と心から思ったのでした。


(1日目宴会始まりー)

(1日目は天ぷらー)


(毎日宴会が25時まで…)

今回は全てにおいて濃い体験だったと思います。参加された方々が異口同音に書かれていますが、えめさんの呼吸法&瞑想はこんなに深いトランスに入ることはない、というくらいに深いもので、頭を超えた理解に及ぶものが本当にいくつもありました。

それはこの場所が大地と繋がる不思議な場所でレイラインの上にあることも関係しているのでしょう。別所温泉のこの場所というのは鎌倉時代から僧侶の修行の場所があり、そうした僧侶が引退した後に住む場所だったそうです。
そんな特別なエネルギーが様々なワークをサポートしてくれていた様に思います。

だって、飛び方が半端なかったのですから。


(暮らしの四季 をバックにガイネと2人で)

 

フルート作りもしてみたかったので最後の工程の磨きだけ、ちょっと体験させて頂きました。でもね、実は私の分をガイネがサンプルで作ってくれていて、出来上がりをちゃんと手にして吹くワークショップには参加させて頂いたの。

そもそも楽器というものは中学以来なんではないかしら。それがちゃんと吹く、とかこう吹くとかではなくて自由でいいのか、というのが大きな目から鱗だったこと。

「話をするのに、どう言葉を出すかとか考えないでしょ」と言われて、そりゃそうだと思いました。「これを伝えたい」というものを最初に考えて、それを音に乗せて下さいと言われました。それを吹いて見て、どういうイメージを受け取ったか…というものをみんなで言い合うなんていうことも。楽しかったです。

私はこの場所に、この宿に感謝を伝えようと

「拝啓 暮らしの四季さま 今回は大変お世話になり、ありがとうございました。感謝をお伝えします」ということを吹いてみたいのですが、皆さんの感想は「何かあらたまった感じ」「文章を読んでいるみたいな…」と言われていて、なんとなく伝わるんだな、と思いました。


(みんなのフルート)


(全員でポーズ)

今回、このメンバーで3日間過ごしてみて本当に心地良かったことが特筆することでしょうか。それぞれが自分のやることを認識していて、さっと動ける。自分の得意なことをしていくというのが場面場面で出ていて、とても面白かったです。

本当、参加してくださってありがとう。
3日間、とっても楽しかったです。そして、みんなのおかげで色んな気づきというか頭ではなくて体感でそうだったんだ、と思うことが沢山ありました。

こういうコミュニティーがいいなぁ。
自分のできることで役に立つ。みんなに喜んでもらえる。

瞑想の中で受け取ったことや感じたこと、分かったこと。いつか、それについても書いてみたいですが、今は自分の中で感じていたいと思います。

 

ガイネのワークショップはこちら。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~gainenonedoko/index.htm

お子さんといらっしゃるのももちろん楽しいでしょうが、大人だけでも本当に楽しめると思います。是非、みんなで遊びたいですね。


(私のフルート)
写真は私のフルート。料理している間に作ってくださったもの。バードという色の違う部分はドラゴンを形どってもらいました。ネームは「Yukorin♡」とみんなの意見でこれになったそうです笑。いい音色ですよー

自分本来の姿になること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP