Loading

BLOG

旅の在り方

昨日から秋田に来ております。秋田空港は霧のため、着陸できなかったら引き返すとのアナウンスがありましたが、丁度降っていた雨も上がり、一瞬晴れたので無事到着。

 

後続の伊丹便は1時間半旋回して粘って着陸できました。良かった~

 

降りれないかもというので、すかさず降りてきて友人と喜び合っている想定。そのために皆んなで食べるお菓子を買いに行く。先取り、先取り。

 

その途端に「あと5分で着陸体制に入ります」と連絡。

雨が瞬間、上がった空港

 

2年半ぶりの秋田。

皆様、秋田のお土産は先に秋田空港で買いましょう。とても充実してますから。最後に田沢湖駅周りで…と思ったら何もありませんでした。

 

乳頭温泉に向かうとそこは雪国。

おお!雪の温泉ですか。いいですね。

秋田の秘湯といえば…乳頭温泉の鶴の湯さんですが、ここは満員で取れずに近くの国民休暇村に宿泊。情緒はイマイチでしたが、まあお湯は良かったです。お食事もビュッフェでしたが、合格点。

最近、国民休暇村を何度か行ってますがなかなか良いですよ。今のところ、お勧めは和歌山加田です。ここはご飯美味しい。

夜は早めのご飯をして、身体のメンテナンス講座とヒーリング。実は今年のドリームチームの少人数版のプログラム。今年はコロナで出掛けられなかったから、前半は情報空間の技を教える講座。

後半は旅をしています。

気がついたら夜中だったので、すぐ寝ましたが皆さんよく寝れたようです。翌朝のスッキリ感が半端なかったようです。良かったわー。

しかし、朝から雪でして予定変更して湯巡りに行くことに。今回泊まれなかった鶴の湯さんへ行くことに。朝食後、バスに乗ってゴー!

大江戸村のような佇まい。これが宿泊施設でお食事も部屋で取れます。ここの食事は美味しいですよ。以前は外国人多かったですが、今はほぼ日本人。でも満室。地元の方も取れないと仰ってました。

昔ながらの湯殿。昔にタイムスリップしたかのよう。本当は撮ってはいけなかったお湯の写真。

ここは最高。前回夏に来た時は星が綺麗すぎて上見て首痛くなったから、横になって見てました。1時間以上見ていたかなー。

するとみるみる晴れてきたの。

田沢湖も綺麗に見えてます。バスの運転手さんがビューポイントで止まってくださったり、秋田の方々とても親切。

 

帰りは田沢湖周りで新幹線で帰ってきてのでした。

今回の旅は参加者に企画はお任せしていて、何をどうするかもお任せしますよ、というスタンス。

 

それを考えるのも1つの経験。今回の旅は極力何も決めないでゆっくりすることがテーマ。お陰で到着が2時間近く遅れてもなんら問題なく。しかも、お陰で乗れないはずのタクシーに乗れた方もいらしたし。行けない予定の鶴の湯にも行けたし。

 

私のブログやメルマガを読んでくださって、ゆったりした時間にしようと思ってこのようなスケジュールにされたそうです。

 

私は個人的には予定びっちりの旅行は殆どしなくて、その時に行きたいと思ったところに行き、やりたいと思ったことをやることにしてます。

 

それができる余裕があるようにしている。そして、いつも「また来る前提」

 

どういうことかというと、例えばどこか行くのもびっちり詰め込んだり、あれもこれも食べないと!と思うのは、一度来たらもう来ない前提でないかしら?また来たい時にいつでも来れるなら、今回じゃなくてもいいわ、と思うでしょう?

 

私も以前は詰め込みスタイルでしたけど、あれ?それっておかしくない?と思ってからは本当にやりたいことを1つくらい決めて、あとは自然の流れに任せる感じ。

まあ、これは私のスタイル。予定を決めるのが好きな方もいらっしゃる。自分が楽しいスタイルでいいんじゃない?

 

だから、予定びっちりの時はそれを楽しむ。自分ではおよそ考えつかないことを体験できるから。

今回はそのスタイルを採用してやってみたというの。もうね、全てはうまくいっている前提だから、何が起こっても楽しんじゃう。

 

そうしたら、イライラも心配もしないもの。

あとね、時間感覚も大切。

 

今回、一泊二日でしたが、それしか時間がない、短い!と思うと時間はあっという間なの。でも、たっぷりあると思ったら伸びるのよ。本当に!

 

だから、どんな旅も楽しめる。面白いミラクルが沢山起こる。雨予報や台風でも晴れていたり、行けないはずのところに結果的に辿り着いたり。

 

人生も同じなんだと思う。

 

旅はその縮小図。色んな要素が満載で、自分の価値観に気がつくわ。私がやっていたミステリーツアーという、集合場所しか決めてないツアーで思いつきで行く先を決めていくツアーの常連だった方は、お陰で臨機応変ということに慣れました、と仰ってました。

 

タイプ的にはスケジュール組むのがお好きな方なんですけどね。

 

コロナで色んな制約があるかもしれませんが、自分の魂が喜ぶことをしてあげましょうね。

 

また、久しぶりにやろうかしら。ミステリーツアー。

 

 

風の時代に向けて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP