Loading

BLOG

勝浦で神様に出会う


この時の出来事、

いまでもはっきり思い出します…
とっても不思議な出来事だったの…
(2010.6.30のブログ記事より)

今日は方位取りに勝浦にきました。

これも不思議なご縁があり、
たまたま、もともとのお客様が勝浦に引っ越され、
勝浦に行こうと思った日にメールを頂いたので
こちらで彼女の施術をすることになりました。

お陰で海の見えるハワイアンカフェでランチをし、
施術後、歩いてすぐの海岸までいくことができました

その海岸での話しです。

足先だけでも海に浸かりたいと
裸足になって海で遊んでいた私らですが

サンダルで来ていたHさんと違い、スニーカー。
Hさんがもってきてくれたタオルで懸命に砂を落としてました。

と、後ろで何やら騒がしいガナリ声が…

ふと見ると、まるで代々木公園にいる
ホームレスのようなおじいさんが叫び声をあげてます。

眼を合わせないよう、二人で「なにあれ?やばいね」と
知らんぷりをしていました。

酔っ払いか薬中か…というような状態です。

なのに、こともあろうに、おじいさんは私らのすぐ後ろに立って
手をブルンブルン回して
「ウ~ウ~」と唸るのです。

まじ、ヤバイと無視を決め込んでいると

さらに声を荒げて
「ウ~ウ~ウ~」と言葉に全くならない唸り声をあげるのです。

どうしよう…と思った、その瞬間でした。

「え?水っていってる?」

自分でも不思議でしたが、それが私の口からでた言葉

海岸縁の階段に腰を下ろして
足を拭いていた私たちの後ろにたっていたおじいさんは
その私の言葉を聞くと
一目散に階段を駆け上がり
海岸通り沿いの家へと走り込みました。

「ウ~ウ~」と手を振り上げて窓越しに手招きしてます。

私はずんずん、家の脇までいきました。

すると中から

蛇口の鍵を持ってきたおじいさんが

家の脇にある水道の蛇口を開けて
水を出してくれたのです。

「ウ~ウ~?(気持ちいいだろ?)」

「うん!ありがとう!気持ちいいね!」

私が言うと
おじいさん、歯の全くない口と真っ黒に焼けた顔で
ニカっと笑います。

「ウ~ウ~」

「助かったわ~!ありがとう!」

握手をして、御礼を言って帰ってきました。

一部始終を見ていたHさん、

「なんでわかったんですか?」

外国でも、全く言葉がわからない人が
何を言ったかわかるようなときがあるけど
いや、私も何でわかったか、わからない。

ただ、私が無視してタオルで砂を落とそうとした瞬間に

おじいさんの「ウ~ウ~」という唸り声が
悲しそうに、そしてちょっと怒ったように聞こえたんだ。

その瞬間、「水」って言葉が口から出ていたんだ。

普通のおじさんだとしても
誰が水遊びして砂だらけになっている人に
わざわざ声かけて自分のうちの水を貸すだろう

ああ、神様があんなおじいさんの格好して
私に声をかけてくれたのかと思いました。

もし、おじいさんの心の声を感じ取れず
無視していたなら、どうだったのだろう

見た目に騙されて、知らずに人を判断してること
きっとあるよな…と
色々なことを考えさせられました。

おじいさん、お水、気持ちよかったよ。

ありがとう…
※6年前のことなのですが、このね、言葉にならないものを感じ取る、これがいまお伝えしているコアポイント、なんだと思います。
こうした「兆し」を読むチカラにもなるのだと思います。

今のステージと行動が合ってない

生ききることは、咲ききること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP