Loading

BLOG

パートナーシップは出会った後が大変

パートナーシップで悩める人
結構多いですよね。

実はパートナーとのことは
見つけるよりも
見つけた後のほうが大事です。

というか、大変です。

{EE21743A-0B21-489D-AFB2-3D6FC71280CD:01}

よく、なんでも私に話して…
とかいう人いますよね?
(私も過去はそうでした)

でもね、
話してくれた後、どうされてます?

その話してくれた本当のことを
避難、批判、アドバイスとか
しちゃってません?

そのまま、まるっと受け止めて
あげたりしています?

~ないよね~多分ね

余計な批判やこうしたらいい、とか
更に追い討ちをかけるように
あれはどうなった、報告しろ、って
もし言われたとしたら

…私だったら2度と言わないだろうな

うん、そして私もそんなことをして
昔、相手に本当のことを
何も言ってもらえなく自分がしてしまった…

でね、こうなる前に
言ってくれれば、って
みんな言ったりするでしょ?

でもね、
その言われたことを
本当に真摯に受け止めたり、

できるのか?って話です。

例えば、相手が失敗し会社を辞めると聞いて
自分がそれなら腹をくくる、
って思えるような度量があるならいいけど

「大丈夫、何かあったときは
私がいますから、自分のことを
今は考えてください」

なんて言えればいいけど

「私たちはどうなるの?
子どもはどうするの?」

「一体、生活はどうなるのー?
きーーー」

っていう感じの人が多いのでは?

それじゃあ、言えないでしょ、本当のこと…
(昔の私ね…)

{F87FA766-112D-4E51-9C07-799946E4EC7B:01}

相手が例えば、大きな病気に
なったときに

必要以上に心配されて
あれはどうなった、
これはだめ、あれもだめ、
そんなのダメ、って
言われたら、多分息が詰まっちゃう。

どーんって構えてくれるから
心置きなく、自分の思ったとおりの
生き方ができるように思う。

これは親友が旦那様を病気で
なくした時の様子をみてて
そう思ったんだよね。

抗がん剤の治療は一切しないで
自宅療養をする、と決めた
旦那様の意思を尊重して
自宅で看病していたよ。

それはそれは辛いと思うよ。
ああすれば、こうすれば、と
思うこともあるかもしれない。

でも、彼の意思を尊重する、って方を
彼女は選んだのね。

自分が心配から解放されることを
選んでないの。

まあね、いい悪いではないけれど
どこを見ているかって話。

意外と相手を心配しているようで
実は自分が不安になるのが
嫌なだけの人は多いよね。

男の人を
スポイルする女の人っています。

手や気のかけすぎは
相手を小さくしちゃいますよね。

特にライオンタイプだった人は
そうなると、
エネルギーを出すことができなくて
しぼんでいってしまうよね。

つくしすぎる女性っていうのも
曲者ですよね。

自分がいなくては
何もできないダメンズにして
自分から離れないようにするんだもん。

そして、こういう人って
概して、視野が狭いっていうか
自分で勝手に事実を
自分目線のストーリーに
作り変えていることが多いのね。

いつだったか
こんなにつくしているのに
彼はちっともわかってくれない、
反応がない、
というようなことを
言っていた友人がいたのです。

その人の彼は当時の私の彼の
知り合いだったので
そっちから聞く話とまるで違うわけ…。

そのわかってくれない、と
言われていた人は
本当は彼女にぞっこんで
自分にできる限りのことを
しているけど

全くその子は意に介してなくて
認めてくれない、
ほとほと疲れてきた、と
ぼやいていたっていうのです。

まあ、どっちもどっちかもですが、
彼は全然反応がないわけでなく、
彼女が望む反応がない」だけで
できることは
いっぱいやっていたんだそうです。

話を聞いた人たちが
全員
「それはないよなー」って
言ったそうだから。

自分が望む反応以外は
きっと見えてないんでしょうね。

こういう人って
自分は気がきく、
気が廻る、と思っている人多いから
気がついてないことが
わからないと思います。

本当に相手の望むことが
自分が望むことじゃなければ
見てないしね。

どんなにアドバイスしても
聞いてないしね。

閉じた世界で生きて行くのかな。

自分の自由を主張するなら
相手の自由も認めなければならない

パートナーシップは
100人いれば
100通、正解なんかないし
二人の間のことは
二人でないと解決できない

あっちではダメでも
こっちでは通用したりする

それでも、
見るフォーカスを自在に
変えることで
かなり楽になると思います。

いつもいつも1.5m以内に
相手を縛り続けていると
見えなくなるし、
見なくていいこともあるし…

時には1kmくらい離れて、
時にはぴったり寄り添って
そんな関係ができるといいよね。

—–

男性をたてるということ…

長谷川先生の特別講演会

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP